起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


台湾企業における日本国内課税に関して質問です

最終回答:2019/10/23 15:09
回答した専門家:1人

QUESTION

初めまして,ANLANと申します。

この度、台湾にて小売業の起業を検討しております。
日本企業から仕入れ、台湾消費者へ販売したいと考えておりますが、媒体を”BASE”や”カラーミー”等の日本のサービスを利用したいと思っています。
そこで消費税と法人税について質問です。

①商品(在庫)が日本国内にある場合、日本国外へ販売・納品するにあたり消費税(送料含む)の還付は受けられますか? また、日本の法人税の納付義務は発生しますか?

②商品(在庫)が台湾にある場合、日本の法人税の納付義務は発生しますか? 
普通なら台湾にある在庫を台湾で販売するにあたり、日本の法人税を納める必要はないと思っていますが、日本のネットショップのサービスを利用する事で疑問が生じました。

勉強不足で恐縮ですがご教示いただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。

ANSWER

回答日:2019/10/23 15:09

ご質問いただいてから、しばらく回答がついていないようですので、
専門外なのですが、コメントさせていただきます。

ご質問の内容についてですが、ぜひ下記からドリームゲートに登録されている海外ビジネスの専門家に
個別にご相談ください。
https://profile.dreamgate.gr.jp/pr_user_advisor_search/online_link_search?field_main_category_id=11

ドリームゲートには、様々な分野について専門家の先生が多数登録されていますが、
こちらの掲示板に投稿いただいた内容は、残念ながら個別に通知されません。

個別にご相談いただければ、責任を持って回答いただけるかと思います。

私は台湾の法律に明るくないので、正確には回答できないのですが、
まず、BASEやカラーミーなど、利用予定のサービスについて規約を確認いただくか、
運営事務局にお問い合わせいただく必要があるかと思います。

日本の通販サービスでは出店に際して、日本法人があることが条件になっている場合がありますので
ご注意ください。

日本で法人を設立した場合には、日本の法人税の納付義務が発生します。
日本に法人を設立している場合、台湾の在庫を台湾で販売しても売上がこの日本法人のものになる場合は、
日本の法人税が適用されることになります。
(台湾で別法人を作って、別会計としているなら話は変わってきます。)

抜け道を探して、犯罪とならないように
ぜひ、海外ビジネスの専門家の方に対して、直接のご相談をご検討ください。

 3560pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説