起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


留学生のNPO法人立ち上げ

最終回答:2019/10/30 16:15
回答した専門家:1人

QUESTION

現在留学生として、大学を通っている外国人です。

今回チャンスを捕まえて、非営利活動法人を立ち上げようとしていますが、在留資格が「留学」で、起業が出来ないという情報が入ってきます。どうすればいいですか?

よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2019/10/30 16:15
ベストアンサー

外国人の方でも日本での会社設立は可能です。

ただし、在留資格が「留学」の場合、残念ながら、日本での就労は認められていません。

「投資・経営」という在留資格を得るか、就労に制限がなく、どんな仕事に就くことも可能な下記の4つのうちどれかを取得する必要があります。
1)永住者
2)日本人の配偶者等
3)永住者の配偶者等
4)定住者

「投資・経営」の在留資格を取得するためには、許可条件として「二人以上の常勤職員の確保(二人未満であれば、年間投資額500万円以上の規模の事業)「安定・継続が見込まれる事業」を満たす必要があります。

「留学」の場合、入国管理局から「資格外活動の許可」を得ることで、週28時間以内の範囲内でアルバイトなどをすることが可能になります。
法人の設立については他の方にお願いし、「資格外活動の許可」を得て、その法人で働いてみてはいかがでしょうか。

アルバイトとして働きながら、就労に制限のない在留資格を得る手段を考えるのが良いかと思います。

本気で起業するのであれば、ぜひ行政書士にご相談ください。

 4600pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1