起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


18才で飲食経営をしたいです。具体的なアドバイスほしいです。

最終回答:2019/12/02 13:19
回答した専門家:1人
カテゴリー 経営計画・改善 > 新規事業開発 ニックネーム

QUESTION

現在18才の大学一年生です。かねてより若いうちに自分で起業したいという夢がありました。飲食は元手が必要であり、新規店舗は数%しか生き残ることができないというようなハードルの高さから嫌煙していました。しかし、最近ふといけると革新できるような飲食形態を思いつき、飲食で経営を本気でしてみたいと思い至りました。アイデアに関してはなるべく見られたくないので詳しくは書記せませんが、店舗面積は極力狭めることが可能であり、極論手渡しで済むような形態にしようと思います。キッチンには大型冷蔵庫、調理器具、調理台、シンク、食品棚くらいしか置くものがないと考えていて、火は使いません(ボヤの心配がなく、ガスを使わないのでコストを抑えられます)。出店を希望する地域(大学近く)に競合はなく、そもそも東京にも数店舗しか同じメニューを出す店はなく、これからの学生のブームになると確信しています(理由があって、現在留学中なのですが、ここではこのモデルの店がたくさんあり、大学内の店では多くの学生で賑わっています。しかも健康志向が広まりつつある日本では受けるのではないかと…)。メニューも2種類に絞り、生モノですがロスの削減や仕事の効率化に繋がると考えています。価格は900円と500円のメニューです。原価が高い物を取り扱うのでこのくらいになってしまいますが、安さに迎合するつもりはなく、ここだけの商品を地の利(そこの大学の大学生をバイトとして雇います。シフトは時間割を見れば徒歩数分とかなので簡単に交渉でき、交通費の支払いもなく、インスタやツイッター、口コミなどの宣伝にも強いです)を活かして提供したいと思います。また、スタッフの育成にも興味があり、2ヶ月ごとの新作メニューをスタッフに任せたり、マクドナルドのような月間MVPの店員を投票できめたりしたいと思います(時給up)。
もっと具体的に考えたほうがいいところや見直しが必要な点があれば具体的な回答をお願いします。また、未成年ならではの問題があったら教えて下さい。今のところ資金調達と賃貸に関しては親の承諾がいることまでは把握しましたが、それ以外で何か障害があるようでしたら教えて下さい。

ANSWER

回答日:2019/12/02 13:19

18才で本気で経営がしたい、と思えたのは素晴らしいですね。
私が独立したのは32才のときだったので、うらやましいです!

留学先で一般的な店舗モデルだとすると、日本でも早く始めた方が良いかもしれませんね。

私が感じた未成年ならではの懸念点は「起業後、大学の卒業に影響が無いか?」ということです。

年齢という意味では、これが最大で唯一の懸念点かと思います。

起業後は大学の方に割く時間が少なくなります。
自分の事業で生計が立てられるのであれば、休学や退学も候補になるかと思いますが、
飲食店の起業、特に新しいものは失敗する可能性も高くなります。
両立していくためにはパートナーとなる共同経営者を探すのが良いと思います。

東京に同じメニューを出す店が数店舗ある、ということでしたので、ご自身がターゲットと考えている層に下記について調査してみるのが次の段階かと思います。

1)そのメニューが受け入れられているか?
2)ターゲットが購入しやすい金額か?
3)リピートされるか?(すぐに飽きるようなものではないか?)

学園祭などでテスト出店してみるのが一番なのですが、留学されている、ということですと、ちょっとむずかしいかもしれないですね。
もし年末年始に帰国されるのであれば、メニューの内容にもよりますが、正月の境内などに出店を交渉しても良いかもしれません。

より具体的なアドバイスのためにはアイデアの詳細を伺う必要も出てくるかと思いますので、
ぜひ個別相談もご検討ください。

成功を祈っています!

 2790pt

0 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説