起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


学生起業における健康保険の扱い

最終回答:2020/01/27 15:40
回答した専門家:1人
カテゴリー 人事労務 > 採用支援・組織戦略 ぺいぽん

QUESTION

現在、大学4年生なのですが、2年ほど前に株式会社を設立しました。親の健康保険(国家公務員共済組合)に被扶養者として組み込まれているのですが、その場合でも国民健康保険への加入が必要なのでしょうか。また、その場合保険証はどちらのものを使用すればよいのでしょうか。

ちなみに、私の会社の労務担当者が代理で手続きを進めて、既に国民健康保険に加入している状態です。

また、近いうちにとある会社に普通の会社員として入社する予定です。そうなると会社員と社長を兼ねることになります。その会社は独自の健康保険組合を有しており、そこに加入する予定です。その場合、健康保険はどのような扱いになるのでしょうか。(国民健康保険は辞めなければ行けないのでしょうか。)

ご回答をお待ちしております。

ANSWER

回答日:2020/01/27 15:40
ベストアンサー

親御さんの扶養に入られているということですが、ご自身が代表者となっている会社からは役員報酬を受け取っていらっしゃらない状態ではないでしょうか?
役員報酬の金額によって、回答内容も変わってきますので、下記が回答になっていない場合は、個別にご相談いただければと思います。

まず前提として、法人の場合、社会保険の加入は義務となっているため、
就職先で加入する場合でも、法人としての加入は必要になります。

ただ、役員報酬が12,000円よりも少ないと、その中から保険料を支払うことができないため
無給の場合などは社会保険には未加入の状態かと思います。

無給の状態が続くようであれば、扶養から外れ、新しくお勤めになる会社の社会保険に加入すれば良いだけ、となります。

ただ、代理人の方を通じて、国民健康保険に加入していらっしゃる、という点が気になります。
これはもしかしたら、国民年金のことではないでしょうか?
(名前が似ているので紛らわしいですが、国民健康保険と国民年金は別の制度です)

国民年金であれば、就職の際に、厚生年金へ加入することになります。
(やめる、というよりは切り替え、となります。)

ですが、現在立ち上げられた株式会社から、相当の役員報酬を受けていらっしゃる場合は、
扶養に入っているところから、修正が必要になるかと思います。

現在、労務を担当されている方が専門知識をお持ちでないようであれば、クラウド士業サービスのBizerというサービスへの登録をオススメいたします。
私も利用させていただいているのですが、月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、その他の不安も解決できるのではないかと思います。
決算手続きも5万円〜と税理士と顧問契約するよりも安く依頼できます。

https://nicopro.co.jp/bizer

新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。

その他、起業にあたって不安なことがありましたら、ドリームゲートの相談窓口か、下記の弊社サービスでお気軽にご相談ください。

https://nicopro.co.jp/vcto/

スッキリと本業に集中できるようになることを願っております。

 2800pt

0 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説