起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


社会保険料について

最終回答:2020/04/02 12:00
回答した専門家:1人
カテゴリー 人事労務 > 給与計算・社会保険手続き ニックネーム

QUESTION

現在アルバイトをしており、そこで社会保険に入っております。
※月の給料はだいたい総支給額15万円程度で、社会保険料が2万~程度です。

そのアルバイト収入の他に、YouTubeの広告収入を得ているのですが、今年に入ってYouTubeでの収入が月100万円を超えています。
確定申告は当然ながらするとしまして、社会保険の金額はどうなるのでしょうか?

仮にこのままアルバイト(総支給額15万円程度、社会保険料が2万~程度)とYouTube(月収100万円程度)が続いた場合、合計の収入が高い割には社会保険料は安く済んでいる状態だと思います。(おそらく社会保険料は収入の額によって変動しますよね?)
その場合、正当な額の社会保険料はどのように算出し、どのように支払うのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2020/04/02 12:00
ベストアンサー

素晴らしい実績と心がけですね!

Youtubeのために会社を設立されていないのであれば、
社会保険料に関しては、現在のままで問題ありません。

本業の方で、すでに社会保険に加入されており、副業が自営業であれば、
どんなに売り上げが多くても、健康保険の保険料が増えることはありません。

ただ、現在の広告収入が続くようであれば、まずは個人事業主の届け出を出すことをオススメいたします。
そのうえで、青色申告を選択し、YouTubeの動画作成にかかった経費を計上するべきです。

そのまま確定申告してしまうと、収入すべてに課税されてしまいますが、
動画撮影に使った機材など経費にできるものが色々とあるはずですので、
節税できる可能性が高いです。

またクラウド士業サービスのBizerというサービスへの登録を検討されてはいかがでしょうか?

月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、顧問税理士を雇うよりも安く疑問が解決できるかと思います。

https://nicopro.co.jp/bizer

新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。

経費に入れられる項目が多い場合や、株式会社の設立も検討される場合には、クラウド会計ソフトのFreeeであれば、
会計に詳しくなくても使いやすくてオススメです。

https://nicopro.co.jp/tofreee

他に不明な点がありましたら、個別の相談もぜひご利用ください。

もし可能であれば、私もYoutubeの動画を始めてみたいと思っていましたので
ご指南いただきたいですm(_ _)m

 4600pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1