起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外在住 フリーランスで日本で収入を得た場合の納税・確定申告

最終回答:2020/05/08 14:14
回答した専門家:2人
カテゴリー 海外ビジネス > 海外進出支援(その他) ニックネーム

QUESTION

海外在住です。副業で、オンライン上で英語を教え、この収入を日本の口座に得たいと考えております。収入が大きくなれば、副業ではなく本業としてやっていきたいと考えています。

日本での個人事業主の登録や、確定申告は必要なのでしょうか?

日本の口座への受け取りを考えている為、日本で納税をすれば現在住んでいる国での副業に対する税金がかからないことは確認できております。

頻繁に帰国しないため、自分で手続きなどもできない状況です。

海外在住フリーランスが日本で収入を得た場合にどのような手続きが必要なのかご教示いただけないでしょうか?

ANSWER

回答日:2020/05/08 14:14


年間で20万円以上の収入と20万円以下で確定申告が必要な場合いがありますが
あくまで日本に住所がある人の場合で
日本で確定申告をしない場合、その国の納税手続きが必要になる方が多いです
現在日本からの海外送金も厳しですね
ただうまく対応できる手段もいりますが
手数料が発生します
銀行口座を日本で作らなくても構いません 合法です

 730pt

0 0 3
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 士 八百万の神リーディングインストラクター

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2020/04/20 13:26

年間で20万円以上の収入がある場合は確定申告が必要です。
逆に、20万円以下であれば、確定申告は不要です。

ただ、銀行口座については、海外在住の場合、新規の申し込みを受付けていない銀行も多いので、
これから取得を考えられている場合は注意が必要です。

注意が必要なのは、お住いの国での納税です。
「日本で納税をすれば」お住いの国で税金がかからないとのことですが、
日本で確定申告をしない場合、その国の納税手続きが必要になるのではないかと思います。

今後、年間20万円以上の収入が得られる見込みであれば、日本に帰国された際、
個人事業主の登録と、マイナンバーカードを取得し、インターネット経由で確定申告など
納税手続きができる環境を整えておくことをオススメいたします。

その他、独立に際して、税金等に関する疑問がある場合には、クラウド士業サービスのBizerというサービスへの登録をオススメします。
月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、顧問税理士を雇うよりも安く疑問が解決できるかと思います。

https://nicopro.co.jp/bizer

新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。
場合によっては、この無料期間の1ヶ月ですべての疑問が解消してしまうかもしれません・・・

さらに、Bizerと合わせて、クラウド会計ソフトのFreeeであれば、会計に詳しくなくても使いやすくてオススメです。

https://nicopro.co.jp/tofreee

これらのクラウドサービスは、個人事業主として起業される場合以外にも、会社の設立が必要になった場合でも役立つはずです。

 3260pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説