起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


外国(中国)法人の日本子会社・支店の選定に関して

最終回答:2020/05/27 15:16
回答した専門家:1人

QUESTION

親会社が中国でその100%資本の株式会社を日本で設立したいと考えております。資本金は300万円の前提です。中国側からは別法人(株式会社)ではなく、branch(支店)にしたいと相談されています。日本側としては大きなメリットが無い限り、別法人として設立をしたいと考えております。中国側からは日本への経費送金(給与、税金、家賃等)が支店の方が安いといわれていますが、本当でしょうか?仮にそうだとしたばあい、親会社と日本側でSOWを締結し費用を払ってもらえば、子会社(株式会社)、支店の違いはでないのではないでしょうか?
御解答お願い致します。 

ANSWER

回答日:2020/05/27 15:16

どのような試算によって支店の方が安いという結果になったのか、見積などを確認されるのが一番かと思います。

たしかに法人税率だけでいうと日本の実効税率は30%程度で、中国の法人における基本税率25%と比較すると高めです。

スタートアップ期で赤字の時期や利益が少ない時期であれば、それほど差になる差ではないかもしれませんが、
利益額が多くなれば、それだけ金額の差も大きくなってきます。

また、給与水準を中国本社に合わせたものにするのか、日本企業の基準に合わせるのか、などでも、経費のかかり方はかなり変わってきますので
どのような試算によって支店にすべき、と判断されることになったのかを確認されてください。

とはいえ、企業活動においては経費を抑えることも重要ですが、社員のモチベーションを高めることによって、
売上と利益を向上させる方が結果的にうまくいくことが多いです。

支店よりも法人化してもらった方が人員の採用などで都合が良い、などの理由があれば、
かかる経費以上のメリットを出せることを主張しても良いのではないかと思います。




 3260pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説