起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


雇用関係ではない友人とのクリエイター活動における源泉徴収義務

最終回答:2020/06/01 16:02
回答した専門家:1人

QUESTION

今年に入ってから、友人一人とダウンロードサイトにて販売する作品制作で月30万ほどの売上を得ています。
一つの作品を仕上げるまでに担当している作業の割合上、売上の3割~4割を友人の口座に振り込み、残りは全て私が受け取っている状況です。
特にこれといった雇用契約等は口頭でも結んでおらず、お互いに在宅で、暇な時間を利用しながら趣味の延長線で活動を続けています。

そこで最近になって気に掛かり始めたのが、友人に支払う分の報酬に源泉徴収の必要性があるのかどうかという問題です。
私自身、活動の内容上得意分野が生かされやすいこともあって友人より多くの報酬を貰っているだけなので「源泉徴収義務者」に当たるかどうかすら判断が難しいです。
(なお、ダウンロードサイトからは手数料、源泉徴収分を差し引かれた金額が私の口座に振り込まれ、その内3割~4割を友人の口座に振り込んでいます)

国税庁のホームページに記載されている、

(1) 常時二人以下のお手伝いさんなどのような家事使用人だけに給与や退職金を支払っている人
(2) 給与や退職金の支払がなく、弁護士報酬などの報酬・料金だけを支払っている人(例えば、給与所得者が確定申告などをするために税理士に報酬を支払っても、源泉徴収をする必要はありません。)

(1)(2)の場合、かつ個人であれば源泉徴収をする必要はないと記載されていますが、これらに該当するのかも分からず悩んでいます。

販売を開始するにあたって、どうしてもどちらか一方の名義でサイトに登録しなければならないため、私が代表で友人を雇用しているという形式になり、友人の報酬に源泉徴収を行う必要性があるのかどうかお答えいただけますでしょうか。

ANSWER

回答日:2020/06/01 16:02

確認いただいた国税庁のページは下記のものでしょうか?

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2793.htm

いただいた内容の範囲であれば、源泉徴収は不要かと思います。
ただし、ご友人がその報酬を確定申告などで申告していない場合は脱税にあたる可能性がありますので、
注意が必要かと思います。

もし月30万という収入が定常的に発生している場合には、個人事業主として登録し、クラウド士業サービスのBizerというサービスの利用をオススメします。
月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、顧問税理士を雇うよりも安く疑問が解決できるかと思います。

https://nicopro.co.jp/bizer

新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。
場合によっては、この無料期間の1ヶ月ですべての疑問が解消してしまうかもしれません・・・

さらに、Bizerと合わせて、クラウド会計ソフトのFreeeであれば、会計に詳しくなくても使いやすくてオススメです。

https://nicopro.co.jp/tofreee

これらのクラウドサービスは、個人事業主として起業される場合以外にも、さらに収益が拡大し、会社の設立が必要になった場合でも役立つはずです。

ご検討ください。

 3360pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説