起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


広告業の起業がしたいと考えています。

最終回答:2020/11/27 20:10
回答した専門家:2人

QUESTION

現在高校3年です。 大学受験もするのですが、大学在学中には起業がしたいと考えています。自分考えているのは、この街には多くの医院があり、また多くの店が開業しています。飲食店や整体院など様々です。医院に店の広告を出せば需要があると考えました。タクシーや電車の広告と違い広告を出す範囲がちょうど店の集客範囲になると思います。 そこで広告業の勉強はしないといけないと思うのですが、他の業種と違い素人がまず何をすれば良いかわかりません。広告店にある程度勤めたほうがいいのでしょうか?資金はどのくらい必要でしょうか。抽象的な質問ですみません。

ANSWER

回答日:2020/11/27 20:10

広告を出す媒体、今回の場合は医療関係の施設内を利用するということですが
出稿する広告主の想定はいかがでしょうか?
また医療機関内でどういった手法で広告を出すのでしょうか?
現在、医療機関の中で、雑誌や本の紙媒体、院内でデジタルサイネージでの静止画、動画での広告
などがあります。また、医療機関のWEBサイトやWEB診療予約サイトでの広告などが考えられます。
また手段だけではなく、広告主は効果検証を求めます。簡単言うと、”おいくら万円出せばどれだけのうちの会社の収益が上がるのか?”ということです。この手法はどうするのか?このことから、どれだけの広告料を設定するのか?
など様々な考える要因があります。
私もテレビ媒体や広告関連の業務に携わって分かることを書きますが、
広告業のいずれのポジションを目指すのか?”広告制作””媒体開発””広告営業”などフィールドは数多くあるので
一度経験というか体験をされることが有効かと思います。

 40pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可 研修・コーチング 資金調達
保有資格
行政書士 DPA認定ドローン操縦免許 著作権相談員、丁種封印資格 

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2020/09/12 18:03

目の付け所はとても良いと思います。

ただ、病院や医療関係施設での広告については、厚生労働省が設定している医療広告ガイドラインに沿って行わなければいけません。
まずは医療広告ガイドラインを確認してみてください。

興味ある分野については、まず書籍やインターネットで情報収集するのがリスクもなくオススメです。
もちろん、社員として勤めるのが一番勉強になりますが、まずはアルバイトとして経験してみるのが良いと思います。

また、誰もやっていないアイデアを思いついたと思った場合は、何かとても大きな障害がある場合が多いです。
良いアイデアであるはずなのに「なぜやっていないのか?」を調べてみてはいかがでしょうか?

理由が分かったときに、諦めることも選択肢の一つですが、今まで誰も超えたことのない障害を超えられたときのリターンは大きいです。
資金や経験不足を言い訳にすることなく、どうすれば、クリアできるのか?を考えるようにしてください。
資金が足りなければ、集める方法はたくさんありますし、経験不足であれば、経験すれば良いだけです。

今であれば、パソコンか、スマホがあれば成立する事業も多いので、今、形だけでも起業してしまうのもアリだと思います!

 3740pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) 事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説