起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


開業資金と資本金について

最終回答:2020/10/06 17:06
回答した専門家:1人

QUESTION

はじめまして。
株式会社の設立を考えております。

事業は現在勤務中の会社より業務を一部受注するような形になりますので、当面の事業計画は一応出来上がっているのですが、売上金の入金は数ヶ月先になると思われます。

開業にあたり、必要機材(パソコン、ソフト、車両、機材)などを割賦払いにて購入・準備したいと考えています。

また恥ずかしながら、設立予定の会社の資本金(100万円を予定)及び当面の運転資金を借用書作成の上、親からの借入金で賄おうと考えています。

要は、開業準備も含めてほぼ自己資金ではないのですが、何か問題及び注意点等ございますでしょうか。
親からの借入金の返済は、現在の会社の退職金を使ってすぐにでも返済したいと考えています。

法人設立にあたり、『借入金を資本金にすることはできない』というネットの記事も見かけたのですが、いかがでしょうか。これが違法行為だとすると、法人設立も厳しいかなと考えています。

勉強不足でお恥ずかしい限りですが、ご教授お願いいたします。

ANSWER

回答日:2020/10/06 17:06

ご両親からの借入金を見せ金として、銀行からの融資などを検討されている場合には、詐欺行為になる場合もありますので、借入金を資本金とすることには問題があります。

クリアにしようとすると、
・資本金を自己資金でまかなえる額で法人を設立し、後で増資する
 → 資本金を1万円として設立し、法人として99万円をご両親から融資してもらう形でも良いと思います。
・ご両親に株主として出資してもらい、退職金で株を買い戻す。
・法人設立を退職金を受け取ってからにする
 → 初回の業務を個人事業主として受ける

などが考えられます。
法人設立を諦めるほどの状況ではないと思いますので、ぜひ個別のご相談もご検討ください。

 3730pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) 事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説