起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


輸入ビジネスの初歩的質問

最終回答:2020/11/27 08:40
回答した専門家:2人

QUESTION

初めて質問投稿させて頂いております。
母が会社を設立しており、営業品目に『輸入』があった為
その部門は私がしたいと思っています。
自分でも色々調べているのですがやはり理解不足なので助けて頂きたいです!

QUESTION
・輸入交渉コンタクトをする際、何を決めておくべきなのか。
・法律的に気をつけなければいけないのは何か。
・必要なお届けは何か。
・どの部分がこちらへの利益アップに繋がるのか。

私が思い描いているもの
・様々な国から輸入。
 主に食料品(生ものや冷凍などではなく、お菓子やインスタント品やジャム、チョコなど)
 雑貨やアクセサリーを少量。

・日本の食品以外の小物の輸出。

現在の計画ではこの2点です。

長文かつ伝わりずらい文章かも知れませんがアドバイス頂けると幸いです。

ANSWER

回答日:2020/11/27 08:40

・輸入交渉コンタクトをする際、何を決めておくべきなのか。
どのタイミングで何をするかが重要かと、FOB CIFなのかはもちろん、船荷証券の受取、銀行決済なら口座情報が確かかどうか
ブローカーなしでの直取引なのか、procedureを決めることが重要かと思います。
・法律的に気をつけなければいけないのは何か
自国の法律だけではなく、輸出先の国の法律も重要。商品の内容(イスラム圏はうるさい)商品を梱包している材質から絵柄
い至るまで輸出先の国の社会情勢を検討することが重要です。
・必要な届けは何か。
税務署への開業届出他、特段医薬品や動物や食料品等を輸入する以外は届出等は必要ないかと思います。
念のためですが、国内の他人から物品を買い取って輸出する場合は古物商の届出を取得したほうがいいかと思います。
また、資金決済など大きな取引になると、金融関連の届出が必要になることもあります。
・どの部分がこちらへの利益アップに繋がるのか。
検討すべきは、輸送コスト、外貨建てレート管理、手数料管理などが通常パターンかと思います。

 40pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可 研修・コーチング 資金調達
保有資格
行政書士 DPA認定ドローン操縦免許 著作権相談員、丁種封印資格 

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2020/11/21 09:39

こんにちは
輸入卸売業を考えられていますね しんどいけれど楽しい仕事になるかはこれからですね
輸入と輸出業務は少しルールが変わります
QUESTION
・輸入交渉コンタクトをする際、何を決めておくべきなのか。
*いつ 何を どのような条件で いくらで どのような受け取りで 支払いをするかです
・法律的に気をつけなければいけないのは何か。
*物により事前申告が必要なものがあります (食品とか 食器とか)

・どの部分がこちらへの利益アップに繋がるのか。
*一概には言えません 仕事の内容です
私が思い描いているもの
・様々な国から輸入。
 主に食料品(生ものや冷凍などではなく、お菓子やインスタント品やジャム、チョコなど)
 雑貨やアクセサリーを少量。
*これは難しくないですね
・日本の食品以外の小物の輸出。
*これは難しくないですね
現在の計画ではこの2点です。

一度 ご連絡ください  justryjapan@gmail.com
090-3266ー8119     奥井

 1510pt

0 0 10
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 後見人*終活アドバイザー資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説