起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


管理会社からの水道料金請求について

最終回答:2021/01/05 18:44
回答した専門家:1人
カテゴリー 法務・知財・特許 > 企業間トラブル ニックネーム

QUESTION

親子メーター検針での水道料金の請求についてです。
オーナーさん所有の物件で、オーナーさん経営の店舗と私の店舗で2店舗入居しています。水道料金は水道局とオーナーさん契約での1契約、水道局への支払いは管理会社が行っているようです。請求は管理会社からの「実費」請求ということで契約・入居しました。今回初めての請求だったのですが、親子メーターで確認した使用量をもとに、水道局の上下水道基本料金が含まれる金額での請求でした。契約書にも実費で管理会社から請求とあったので、水道局から来る全体の請求料金を使用割合で案分するのか、基本料金を2分割するのが使用量に基づいた適切な請求かと思うのですが、管理会社からは「うちの管理物件はどこもそうしている、案分なんて毎回計算ができない」と言われています。従うしかないのでしょうか。基本料金分で2,000円/月位の物なのですが少し納得がいきません。オーナーさんも同一に基本料金を含めて管理会社に支払っているのか、オーナーさんへは私が支払った分を差し引いて請求しているのかは教えてもらえません。

ANSWER

回答日:2021/01/05 18:44
ベストアンサー

金額が小さいので、弁護士さんなどには頼める案件ではありませんが確かに気持ち悪いですね。

管理会社さん、オーナーさんとどのような関係性を築きたいか、で対応を検討されてはいかがでしょうか?
他に無いくらい良い物件なのであれば、気持ち悪くても手数料と割り切るべきかもしれません。
忘れられるのであれば、そのままにするのが楽だと思います。

ハッキリさせたい、のであれば、オーナーさんに直接確認しても良いのではないでしょうか。
オーナーさんも基本料金を含めて管理会社に支払っていることが分かれば、管理会社との交渉の際に味方になってくれる可能性もあります。

関係性が崩れても良いくらい、どうしても気持ち悪いようであれば、「納得できないので、退去を検討する。他にも何か隠し事があるかもしれない。」などと言ってみるのも手だと思います。

オーナーさん、管理会社さんにとって相談者様が逃したくない顧客であれば、面倒でも毎回按分いただけるようになる可能性もあるかと思います。

 3260pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説