起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


アメリカから日本向けにペット用CBD商品販売に関する質問

最終回答:2021/02/18 11:58
回答した専門家:1人

QUESTION

現在、アメリカ カリフォルニア在住で、現地サプライヤーからオリジナルのペット用CBDティンクチャー及びその他ペット用CBD商品を日本に向けてオンライン販売をしたいと考えております。

質問は大きく3つあり、

1. アメリカ・日本のどちらで会社を立てた方が良いのか。
できれば住まいのあるカリフォルニアで法人を立て、日本に販売していきたいのですがそれは現実的にどのようなメリット・デメリットがあるのか。法人にせず、個人として販売して売り上げが上がり次第法人にする方が良いと思いますが、まずどちらで立てた方がいいのかという事をお聞きしたいです。

2. もし、カリフォルニアで法人を立てCBDのオンライン販売が可能であるのならば、日本に消費税以外にに納税義務などはありますでしょうか?
将来的に日本に戻ることはしばらくないので、日本に住民登録はしておりません。


3. その他、知っておくべき知識、情報があればご教示願いたいです。



現地のカリフォルニアではCBD商品はHigh Risk Productと言ってオンライン決済などの審査が非常に厳しい反面、日本でのCBD商品には日本への輸出時の関税・検閲以外はそれほど障害となる規制は今は敷かれていない状態です。
上記の日本への輸出時の関税問題は現地のサプライヤーと解決済みですので問題はなく、私の調べた限りでは日本でのCBD商品のオンライン決済に大きな規制があるわけではありません。

上記の内容を踏まえ、質問にお答えして頂けるようお願いいたします。

ANSWER

回答日:2021/02/18 11:58


質問は大きく3つあり、

1. アメリカ・日本のどちらで会社を立てた方が良いのか。
できれば住まいのあるカリフォルニアで法人を立て、日本に販売していきたいのですがそれは現実的にどのようなメリット・デメリットがあるのか。法人にせず、個人として販売して売り上げが上がり次第法人にする方が良いと思いますが、まずどちらで立てた方がいいのかという事をお聞きしたいです。
⁂ まずはアメリカで設立でしっかりと代理店契約をされて実績をつむことだと思います

2. もし、カリフォルニアで法人を立てCBDのオンライン販売が可能であるのならば、日本に消費税以外にに納税義務などはありますでしょうか?
将来的に日本に戻ることはしばらくないので、日本に住民登録はしておりません。
⁂商品の内容で検査を受けなくてはならない場合の費用 関税 シップバック等の支払いが生じた場合
の支払いはどうしますか


3. その他、知っておくべき知識、情報があればご教示願いたいです。
クレーム等があった場合のために 日本に代理店を持たれてはどうでしょうか



現地のカリフォルニアではCBD商品はHigh Risk Productと言ってオンライン決済などの審査が非常に厳しい反面、日本でのCBD商品には日本への輸出時の関税・検閲以外はそれほど障害となる規制は今は敷かれていない状態です。
上記の日本への輸出時の関税問題は現地のサプライヤーと解決済みですので問題はなく、私の調べた限りでは日本でのCBD商品のオンライン決済に大きな規制があるわけではありません。

上記の内容を踏まえ、質問にお答えして頂けるようお願いいたします。

 1350pt

0 0 9
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 士 八百万の神リーディングインストラクター

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説