起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


アメリカから日本向けにペット用CBD商品販売に関する質問

最終回答:2021/02/18 11:58
回答した専門家:1人

QUESTION

現在、アメリカ カリフォルニア在住で、現地サプライヤーからオリジナルのペット用CBDティンクチャー及びその他ペット用CBD商品を日本に向けてオンライン販売をしたいと考えております。

質問は大きく3つあり、

1. アメリカ・日本のどちらで会社を立てた方が良いのか。
できれば住まいのあるカリフォルニアで法人を立て、日本に販売していきたいのですがそれは現実的にどのようなメリット・デメリットがあるのか。法人にせず、個人として販売して売り上げが上がり次第法人にする方が良いと思いますが、まずどちらで立てた方がいいのかという事をお聞きしたいです。

2. もし、カリフォルニアで法人を立てCBDのオンライン販売が可能であるのならば、日本に消費税以外にに納税義務などはありますでしょうか?
将来的に日本に戻ることはしばらくないので、日本に住民登録はしておりません。


3. その他、知っておくべき知識、情報があればご教示願いたいです。



現地のカリフォルニアではCBD商品はHigh Risk Productと言ってオンライン決済などの審査が非常に厳しい反面、日本でのCBD商品には日本への輸出時の関税・検閲以外はそれほど障害となる規制は今は敷かれていない状態です。
上記の日本への輸出時の関税問題は現地のサプライヤーと解決済みですので問題はなく、私の調べた限りでは日本でのCBD商品のオンライン決済に大きな規制があるわけではありません。

上記の内容を踏まえ、質問にお答えして頂けるようお願いいたします。

ANSWER

回答日:2021/02/18 11:58


質問は大きく3つあり、

1. アメリカ・日本のどちらで会社を立てた方が良いのか。
できれば住まいのあるカリフォルニアで法人を立て、日本に販売していきたいのですがそれは現実的にどのようなメリット・デメリットがあるのか。法人にせず、個人として販売して売り上げが上がり次第法人にする方が良いと思いますが、まずどちらで立てた方がいいのかという事をお聞きしたいです。
⁂ まずはアメリカで設立でしっかりと代理店契約をされて実績をつむことだと思います

2. もし、カリフォルニアで法人を立てCBDのオンライン販売が可能であるのならば、日本に消費税以外にに納税義務などはありますでしょうか?
将来的に日本に戻ることはしばらくないので、日本に住民登録はしておりません。
⁂商品の内容で検査を受けなくてはならない場合の費用 関税 シップバック等の支払いが生じた場合
の支払いはどうしますか


3. その他、知っておくべき知識、情報があればご教示願いたいです。
クレーム等があった場合のために 日本に代理店を持たれてはどうでしょうか



現地のカリフォルニアではCBD商品はHigh Risk Productと言ってオンライン決済などの審査が非常に厳しい反面、日本でのCBD商品には日本への輸出時の関税・検閲以外はそれほど障害となる規制は今は敷かれていない状態です。
上記の日本への輸出時の関税問題は現地のサプライヤーと解決済みですので問題はなく、私の調べた限りでは日本でのCBD商品のオンライン決済に大きな規制があるわけではありません。

上記の内容を踏まえ、質問にお答えして頂けるようお願いいたします。

 1110pt

0 0 6
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 士 八百万の神リーディングインストラクター

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説