起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


マイクロ法人について

最終回答:2022/03/18 10:50
回答した専門家:2人

QUESTION

マイクロ法人の設立を考えている者です。起業に関して勉強し始めたばかりの初心者です。
質問なのですが、

会社における事業を10年間一切行わず、
売上が0の状態で毎年赤字にし、
役員借入金で資本金を補填し続け、
11年後から事業を始めて赤字を打ち消す、

という方法を考えているのですが、この方法に何か問題やデメリットはありますか?
ご回答頂けると幸いです。

ANSWER

回答日:2021/11/10 10:56
ベストアンサー

私も一人株式会社でメリットを享受している身なのですが・・・
10年間事業を行わないのはどうしてでしょうか?

10年後となるとかなり環境が変わっていることが予想されるため、想定されている事業があるのであれば
少額でも始めていただくべきかと思います。

メリットは色々と調べていただいていると思いますが、事業を行わない法人を設立するデメリットは
「10年後、予定通り事業を行わなかった場合に、下記のコストを捨てるだけになるので、もったいない」ということだと思います。

・法人設立費用と手間
 → 申請費用は確認済みかと思います。申請は、ご自身で行われるのでしょうか?
   数日かかるので経験としてやっておくのもアリだと思いますが、それなりの負担だと思いますし、
   専門家に依頼するのであれば、その費用がかかります。
   また、法人用印鑑も必要ですね。

・確定申告の手間と費用

 → 年1回の確定申告時、法人住民税均等割(東京の場合赤字でも7万円)がかかります。
   事業を行うのであれば、ペイできる金額だと思いますが、事業を行わないと
   ただただ積み上がります。
   また、赤字でも毎年の確定申告が必要です。
   個人事業主よりも提出書類が多いので、申請は面倒だと思います。
   こちらも専門家に依頼するとなると、それなりの費用がかかります。

10年後の事業開始に向けて、計画的に、着実に準備を始めるということであれば、現時点で法人設立いただいても良いかと思いますが、
10年後と言わず、できるだけ早く事業を開始することをオススメいたします。

 4600pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2022/03/18 10:50

こんにちは
あまり良いとは思いません 
それななら休眠会社を買い取る方が無難
法人だと必ず税金納付はありますから
目的は何でしょうか

 1660pt

0 0 10
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 後見人*終活アドバイザー資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1