起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


マイクロ法人について

最終回答:2022/03/18 10:50
回答した専門家:2人

QUESTION

マイクロ法人の設立を考えている者です。起業に関して勉強し始めたばかりの初心者です。
質問なのですが、

会社における事業を10年間一切行わず、
売上が0の状態で毎年赤字にし、
役員借入金で資本金を補填し続け、
11年後から事業を始めて赤字を打ち消す、

という方法を考えているのですが、この方法に何か問題やデメリットはありますか?
ご回答頂けると幸いです。

ANSWER

回答日:2021/11/10 10:56
ベストアンサー

私も一人株式会社でメリットを享受している身なのですが・・・
10年間事業を行わないのはどうしてでしょうか?

10年後となるとかなり環境が変わっていることが予想されるため、想定されている事業があるのであれば
少額でも始めていただくべきかと思います。

メリットは色々と調べていただいていると思いますが、事業を行わない法人を設立するデメリットは
「10年後、予定通り事業を行わなかった場合に、下記のコストを捨てるだけになるので、もったいない」ということだと思います。

・法人設立費用と手間
 → 申請費用は確認済みかと思います。申請は、ご自身で行われるのでしょうか?
   数日かかるので経験としてやっておくのもアリだと思いますが、それなりの負担だと思いますし、
   専門家に依頼するのであれば、その費用がかかります。
   また、法人用印鑑も必要ですね。

・確定申告の手間と費用

 → 年1回の確定申告時、法人住民税均等割(東京の場合赤字でも7万円)がかかります。
   事業を行うのであれば、ペイできる金額だと思いますが、事業を行わないと
   ただただ積み上がります。
   また、赤字でも毎年の確定申告が必要です。
   個人事業主よりも提出書類が多いので、申請は面倒だと思います。
   こちらも専門家に依頼するとなると、それなりの費用がかかります。

10年後の事業開始に向けて、計画的に、着実に準備を始めるということであれば、現時点で法人設立いただいても良いかと思いますが、
10年後と言わず、できるだけ早く事業を開始することをオススメいたします。

 3560pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) 目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2022/03/18 10:50

こんにちは
あまり良いとは思いません 
それななら休眠会社を買い取る方が無難
法人だと必ず税金納付はありますから
目的は何でしょうか

 1350pt

0 0 9
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 士 八百万の神リーディングインストラクター

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説