起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


共同創業者からの株式取得

最終回答:2023/02/26 23:04
回答した専門家:4人

QUESTION

知人と2人で出資(計100万円)をして株式会社を設立しました。

持株比率は私が28%、知人が72%です。
知人が全く事業に関わらなくなったので、どうにかして自分の持株比率を増やしたい(できれば100%に)と思っています。

現在は事業を殆どしておらず現金も50万円程度しかありませんが、自分の持株比率を増やすことができれば本格的に事業に取り掛かりたいと思っています。
この場合、どんな手段が考えられますか?

※もし同意が取れなければ会社を清算することも視野に入れています。

ANSWER

回答日:2022/06/22 14:34
ベストアンサー

まずはざっくりとした株価算定をしてみることをオススメします。

株価算定にはいくつかの方法がありますが、簡単な方法として純資産価額方式というものがあります。
「今会社を解散させた場合、株主にいくら戻って来るのか?」を基準に株価を決める方式のことです。

決算書の純資産を発行済み株式総数で割れば、ざっくりとした株価を出すことができますので、
出資時から減っているようであれば、知人の方が出資した金額よりも安く買取交渉が可能かと思います。

知財や顧客などがないのであれば、清算もアリだと思います。
もし上記以外の事情で迷っていらっしゃるようであれば、ぜひ個別にご連絡いただければ幸いです。

 3860pt

1 2 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) 事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /クラウド会計ソフト『Freee』認定アドバイザー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2023/02/26 23:04

まずは友人に株式を買い取りたい旨をお伝えするのがよいかと思います。先方が納得して頂ければ50万円で買い取ることも可能です。

 40pt

0 0 0
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会計・税務 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) MBA 医業経営コンサルタント

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2023/01/28 15:14

現在は1円株式でも創業出来ますので新規で立ち上げたほうがいいと思います
新規で立ち上げて創業補助金をもらうほうがいいと思います。

 110pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可
保有資格
宅地建物取引士 福祉関係

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2022/07/25 10:38

ご自分のしたいことが決まっていれば
まずは共同者と話し合いして比率変え 増資 買い取ってもらい 自分の会社立ち上げ 解散 休眠
話し合いが大事ではないでしょうか、、、、

 1530pt

0 0 10
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 後見人*終活アドバイザー資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説