起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


少年野球クラブチーム

最終回答:2023/03/08 17:56
回答した専門家:1人

QUESTION

現在24歳で野球のクラブチーム監督になりました

既存のクラブチームがありそこでパパさん監督になりましたが、ボランティアで土日監督をすることはできず、部費の値上げをし監督料として
お給料または報酬をもらうことになってます。
ゆくゆくはそのチームの代表になることになりましてチーム運営いわゆる個人事業主として
給料をもらいながら監督をするってことが
したいのですが、
給料=収入ですので、申告する必要があると思うのですが、確定申告さえすれば良いのか
会社として設立しそこで運営していくのか
または規模完的に20名前後なので
部費から浮いた分をそのままもらっていいのか

経営に無知なのでどうしたらいいでしょうか

ANSWER

回答日:2023/03/08 17:56

本業が別にあり、監督が副業となる場合、副業での年間所得が20万円以上になったら確定申告を行う必要があります。

ただ、所得が20万円以下の場合でも監督として活動するにあたって、道具の購入やクリーニング代など経費がかかる場合、
確定申告することで節税になる場合もありますので、個別にご相談いただくのが良いかと思います。

クラウド士業サービスのBizerというサービスであれば、月額2980円で様々な士業の方に相談し放題ですので、
ご質問の内容に対する回答も得られるのではないかと思います。
https://nicopro.co.jp/bizer

新規登録時に1ヶ月の無料期間がある他、上記のサイトでさらに1ヶ月分無料になるクーポンも配布しています。

役所への手続きについても対応いただけるので、私も利用しており、とてもオススメなサービスですので、ぜひご検討ください。

 4480pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1