起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業前の試験商品

最終回答:2023/09/27 13:01
回答した専門家:2人

QUESTION

お世話になります。
起業前に商品開発を行い、ある程度の(予算範囲内)形にする事が出来たのですが、試験的に知り合いのお店等に置かせて頂き、お客さんの反応や改善点などを確認したいと思っていますが、この時点で商標登録はした方がよいのでしょうか?
どんなタイミングで起業したら良いでしょうか?

ANSWER

回答日:2023/09/05 11:05
ベストアンサー

食品かどうかなど、商品によっても異なりますが、一番大事なポイントは「どの程度、本気かどうか」だと思います。
登録した商標で「何が何でも起業する」という場合は、すぐに登録いただいた方が良いです。

ですが、お客さんの反応を見て、「うまくいったら事業化しよう」くらいの感覚であれば、
試験販売で大きな話題にならなければ、先に商標を取られるリスクも小さいので
試験販売後に商標登録を出願いただくのが良いと思います。

それぞれの選択肢のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

1)試験販売前に出願
メリット:他社に先んじて商標権を確保できる
デメリット:商品やサービスの名称やロゴが変更される可能性がある

2)試験販売中に出願
メリット:商品やサービスの市場性や反響を見ながら出願できる
デメリット:他社に同じか類似した商標を出願される可能性がある

3)試験販売後に出願
メリット:商品やサービスの名称やロゴが固定されてから出願できる
デメリット:他社に同じか類似した商標を出願される可能性がある

食品の場合は、味の完璧な再現までは難しいのですが、
雰囲気の再現は簡単だったりするので、SNSでバズるようなら、すぐに商標登録することをオススメします。

とはいえ、どの選択肢が最適かは、商品やサービスの特性やビジネスプランによって異なります。

判断がつかないようであれば、個別相談もご検討ください。
ご連絡お待ちしております。

 4480pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2023/09/27 13:01

もちろんできるものはしてください
知り合いと商売は別ですね

 1660pt

0 0 10
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 後見人*終活アドバイザー資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1