起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


地方で飲食店を開業したいのですが

最終回答:2023/12/11 14:18
回答した専門家:3人
カテゴリー 資金調達 > 新規創業者向け融資 崖っぷちの大学生

QUESTION

現在、大学4年生です。大阪に在住しております。

出身の田舎に帰って、飲食店を開業したいのですが、資金がどう頑張っても100万円くらいです。

地方の県庁所在地で始めたいと思っており、大学の近くで、田舎ではありますが、人がそれなりにいる場所で道路沿いに店舗として開業するのが夢です。

土地、建築費用などの諸費用を
融資や助成金を利用して、資金調達をすることは可能なのでしょうか?

ぼんやりしていて申し訳ありません。
お答えいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします!

ANSWER

回答日:2023/12/11 14:18

融資や助成金を活用した資金調達は可能ですが、未経験だとかなり審査が厳しくなります。

もし未経験であれば、まずは一度、修行も兼ねて開業したいジャンルの飲食店でアルバイトしてみてはいかがでしょうか?
すでに経験済みであれば、バトンズというM&Aのサイトがあるので、居抜きで開業という選択肢もあります。

https://batonz.jp/user/sell_cases

赤字であれば、借金を請け負う形で0円での承継も可能ですし、
黒字にもかかわらず、後継者がおらず、安く売り出されている事業もあったりします。

開業というと一から自分で、という方が多いですが、かなり難しいのが実際です。
居抜きの場合、その場所にそのジャンルの飲食店のニーズが無いこともあるので、
一概には言えませんが、新規開業よりはリスクが低いです。

また、ジャンルを選ぶ際にも、そば屋とラーメン屋では、潰れやすさが違ったりします。

もし興味があれば、個別にお問い合わせください。

色々な選択肢がありますが、「楽だけど楽しく無い・・・」よりは、「苦労しても楽しい方、ワクワクする方」を選択するのが良いと思います!

 4220pt

1 3 11
専門分野
事業計画・商品開発 IT・インターネット 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) (公財)東京都中小企業振興公社専門家派遣事業支援専門家(登録番号:1661)/認定支援機関(ID:107413010710)/事業承継士/目標達成法『原田メソッド』認定パートナー /地域DXプロデューサー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2023/12/05 05:08

商工会、商工会議所の創業セミナーに参加されてみてはいかがでしょうか。
私が担当した創業塾でも学生の起業家さんがいましたので。

 70pt

0 0 0
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会計・税務 経営計画・改善
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) MBA 医業経営コンサルタント、ITコーディネータ、事業再生マネージャー、BATONZ認定パートナー

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2023/11/30 13:48

まずは リサーチをしっかりしてください
大学が近いだけでは話になりません
何を作るかで原価がかなり違ってきますから
夢では経営はできませんから

 1660pt

0 0 10
専門分野
海外ビジネス 会社設立・許認可
保有資格
食品衛生管理士 防火管理者 輸入食品衛生補助 後見人*終活アドバイザー資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説