起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


ネットショップで売上高はあがるのですが、利益が出ません。

最終回答:2010/09/24 12:03
回答した専門家:1人

QUESTION

ネットショップをしていますが、売上高はあがるのですが、利益が出ません。

ANSWER

回答日:2010/09/24 12:03

売上高がそこそこあるにもかかわらず、利益がなかなか出ない理由のひとつに、
「平均客単価の低さ」が考えられます。

ネットショップの売上は、
PVX転換率X平均客単価=売上高
で成り立ちます。

要は、ページビュー(PV)を上げるか、
転換率を上げるか、客単価を上げることで、売上高は増えます。

売上がそこそこあるということは、PV、転換率はそれなりの数字は出せていると
思いますが、平均客単価が低いために、経費がかさむパターンです。

平均客単価が低いと、利益率が良くても「利益額」が小さい上に、
受注コスト、物流コスト、送料、人件費などがかかるため、
更に利益額が小さくなります。

1,000,000円の売上を作るのに、客単価が1,000円の場合は、
1000件の受注を受け、出荷しないといけません。

1,000,000円の売上を作るのに、客単価が10,000円の場合は、
100件受注を受け、出荷するだけですみます。

客単価が1,000円の場合と、10,000円の場合では、
受注コスト、物流コスト、送料、人件費は単純計算で
10倍違うわけです。

顧客リストの獲得を目的として、お試し商品など、
客単価の低い商品を用意することはいいかもしれませんが、
その場合は、必ず利益額の大きいバックエンド商品を用意しないといけません。

バックエンド商品を用意することによって、平均客単価を引き上げます。

ですので、そもそも利益額の小さな商品は売らないか、
リスト獲得用の商品はあったとしても、必ずバックエンド商品を用意して、
平均客単価を上げ、「利益額」を大きくすることが重要といえます。

 10pt

0 0 0
専門分野
IT・インターネット 研修・コーチング 集客・販路拡大・営業戦略 事業計画・商品開発
保有資格
都市ビジネス修士(大阪市立大学大学院)専門は事業計画作成と起業家精神

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説