起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


自分のアイデアが盗まれるのでは?

最終回答:2011/01/06 10:54
回答した専門家:1人

QUESTION

初めまして、企業を考えている25歳会社員です。
初歩的な質問でしたら、申し訳ありません。
私はずっと企業をしたいと考えているので、いつも色んなアイディアを思い浮かべています。
しかしいつもいいなと思っても更に掘り下げて調べたり考えたりすると壁にぶち当たることが多かったでした。
しかし、今自分では本当に素晴らしいアイディアを持っていると自負しています。世界一になれると本気で思っています。それを実現するにはやはりお金が必要です。私にはありません。どなたかに投資して頂く他ありません。しかし、投資して頂くにはもちろんその方たちに自分のアイディアを詳しく話し納得してもらう必要があります。
そこで悩みです。もし、自分のアイディアを聞いて使えると思っても私には投資せずにアイディアだけを盗まれてしまったらどうしう。。。と。
話を聞いたぐらいですぐに盗めるようなアイディアはたいしたアイディアじゃない!と言われてしまうのかもしれませんが、正直きっかけも与えたくありません。なぜならば今自分が考えていることは実はとても単純なことなのに、今の所まだ誰もやっていないからです。しかし、いざやろうと考えたら、資金さえあればすぐに始められると思います。そんな理由もあって、ぐずぐずもしていたくありません。できることならば明日から、いや、今日からでも始めたいと思っているほどです。
本気で悩んでいます。どうか、何かアドバイスを頂けたら本当に嬉しいです。
よろしくお願い致します。

ANSWER

回答日:2011/01/06 10:54

LuckyyyGirlllさん

初めまして、
弁理士の鈴木康介です。

アイデアを盗まれないためには、いくつかの方法があります。

1.守秘義務契約(NDA)を結ぶ。
2.技術的なものの場合、特許出願をする。
3.デザインの場合、意匠出願をする。
4.ネーミングの場合、商標出願をする。

ただ、NDAを結ぶ場合にしても、可能な限り信頼できる相手と取引することをお勧めします。
また、単純なアイデアの場合、サービスを開始した後に、競合が真似をする可能性が極めて高いため、知財などで参入障壁を作っておかないと、競合にシェアを奪われる可能性があります。

アイデアが花開くと良いですね。
がんばって下さい。

 20pt

0 0 0
専門分野
法務・知財・特許 海外ビジネス 事業計画・商品開発 IT・インターネット
保有資格
弁理士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説