起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


租税課金について

最終回答:2011/01/06 19:20
回答した専門家:1人
カテゴリー 事業計画・商品開発 > 事業計画書作成 ニックネーム

QUESTION

現在、飲食業の創業計画書を作成していますが、損益計算書の中で、租税課金という欄があります。事業を開始するにあたり、租税課金とはどのようなものがあり、事業計画書に数値としてどのように織り込めばよいのか具体的にご教示頂きたくお願いします。

ANSWER

回答日:2011/01/06 19:20

アドバイザーで税理士の佐藤博之と申します。

ご質問のご回答ですが、租税課金とは、租税公課や公租公課ともいわれ「税金」のことですが、法人税、事業税、住民税、所得税などは「法人税等」などの科目として別途計上されますので租税課金には入りません。
具体的には、飲食業の場合は領収証に貼る収入印紙(印紙税)が最も身近になるかと思います。その他には車が必要な場合は自動車税、重量税、自動車取得税や他には固定資産税(土地、建物、一定額以上の固定資産を取得した場合に課税される)や登録免許税(会社設立時に必要)などがあります。

話は複雑になりますが、消費税は会計処理が税込経理の場合は租税課金として経理することになり、税抜経理の場合は仮受消費税、仮払消費税を使うので租税課金とはなりません。

事業計画書では収入印紙、車を使うのであればそれに係る税金、会社設立時の登録免許税、飲食業を開業するのに役所などに許可、認可が必要な場合はその費用を計上すれば良いかと思います。

その他ご不明点がございましたら、ご遠慮なくご質問ください。

 30pt

0 0 0
専門分野
会計・税務 会社設立・許認可 資金調達
保有資格
税理士 行政書士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説