起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


事業計画を作り始める前に、何かしなければいけないことは?

最終回答:2010/09/24 11:24
回答した専門家:1人

QUESTION

事業計画を作り始める前に、何かしなければいけないことはありますか?

ANSWER

回答日:2010/09/24 11:24

事業を始めるのであれば、ましてや、外部から資金調達するのであれば、事業計画を作る必要があります。
これは、開業する場合の、最初のハードルだと思います。
これを超えるために、本屋へGO!する前に、この記事を読んで頂けたら幸いです。
なぜなら、いま売っている本を買うのならこの無料の資料を読んだ方がより実戦的だからです。


ベンチャー支援をしていると、頻繁に事業計画の作り方について質問をされます。
私も一般論としてのお話はするし、一緒に議論しながら事業計画を作成するコンサルティングのお仕事を受けることもあります。
事業計画を作るということは、会社のビジネスモデルを作ることであり、私個人としては、「社長の専権事項」であると考えています。

時々、「事業計画を作って下さい」という「丸投げ」のご注文を頂くことがありますが、お引き受けすることはありません。
事業計画は株主や投資家、金融機関への約束事項になりますので、私が事業計画を作るということは、社長は私の作った事業計画どおりに経営して頂かなければならなくなり、誰が社長だか解らなくなってしまいます。

ちょっと話が横道に逸れましたが、事業計画の作成というのは、これから起業しようと思う人にとって、非常にハードルが高いが、避けては通れない大事な仕事だということです。

そんな状況にあって、是非、起業を志す方に見ていただきたい資料が下記URLにある資料です。

「事業計画作成とベンチャー経営の手引き」及び「事業計画作成支援コースの運営とベンチャー支援上のポイント」
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/080307_3.html

「上場なんて考えていない」という方からすると、「ハードルがめちゃくちゃ高い」ということになるかもしれません。

しかし、そういう方にとっても、起業するということは、この資料に書いてある要件を満たすような「熱い」経営者と闘わなければいけないということを知るには十分な資料だと思います。

同じベンチャー支援を行うものとして、この資料の筆者にはジェラシーを覚えます。
もの凄く具体的に起業家の「皆さん」の努力の必要なこと(失礼を承知すれば「足りないところ」)が書かれています。

一起業家として身が引き締まります。

なんと言っても無料の資料です。
是非、一度は皆さんに目を通して頂きたいと思います。

今後、この資料も参考にしながら、事業計画作成について、色々と書いていきたいと思っています。

 300pt

0 0 4
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 会社設立・許認可 経営計画・改善
保有資格
公認会計士 税理士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説