起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


アイデアを実現できそうな会社との商談?の仕方について

最終回答:2011/01/21 15:54
回答した専門家:1人

QUESTION

追加の質問です、すいません。アイデアを実現させるには理想的だろうと思う会社を数社みつけましたが、私はどういったアプローチをすればよいのでしょうか?不安が多々あります。「そもそもよくわからない一般人のアイデアを聞いてもらえるのか」「会社に出向いてアイデアを伝え、軽くあしらわれた後、実はアイデアを盗まれれないか」「アイデアに共感してもらい動き出したとしても、その時自分の待遇、利益配分などはどうなるのか」「そもそも信用できるのか、会社に反社会的団体のマネーは入ってないのか」「会社に出向く前に、このサイトの専門家の人に相談するべきなのか」などです。アドバイスお願いします。

ANSWER

回答日:2011/01/21 15:54

こんにちは、初めまして。
中小企業診断士の安部一光です。
この度はドリームゲートをご利用頂き誠に有難うございます。

内容が良くわからず、雲をつかむような話なのですが、
想像をまじえてお答えしますね。。

「そもそもよくわからない一般人のアイデアを聞いてもらえるのか」

確かにその通りです。
先方も忙しいので、無駄なお付き合いはしてくれません。
それを防ぐには、対象となる会社に知り合いの知り合いなど、
いないか、ご確認下さい。そのルートで繋がる可能性があります。

全くそういうものがないというのであれば、
・電話で外部提携の担当部署を教えて貰い交渉する。
・対象企業のHPのお問い合わせコーナーから、
 提案という形で投げてみる。
などがありますが、教えて貰えなかったり、無視されたり、
先方の担当者に会うだけでも相当なパワーがかかります。

「会社に出向いてアイデアを伝え、軽くあしらわれた後、実はアイデアを盗まれれないか」

それもあり得ます。
それを防ぐにはアイデアの核心部分は
秘匿した形で概略を提案し、先方がかなり興味を
もってきたら、NDA(秘密保持契約)を結んだ上で
説明していくことになります。

それでも、盗まれる時は盗まれます。

「アイデアに共感してもらい動き出したとしても、その時自分の待遇、利益配分などはどうなるのか」

それは、事業着手前に契約書をしっかり交わす必要があります。

「そもそも信用できるのか、会社に反社会的団体のマネーは入ってないのか」

それは、会社をしっかり見極めるしか方法がないですね。
取引先や世間の評判、ネットで検索して、妙な話題が
出ていないかなど、最低限のチェックは行う必要があります。

上場企業であれば、監査法人や株主など外部の牽制機能が
一定程度働くので、大丈夫な可能性が高まりますが、
そうでない企業は何とも言えません。

「会社に出向く前に、このサイトの専門家の人に相談するべきなのか」

それはもちろんです。
一度面談して、不安な点を解消しませんか。
アイデアが本当に大丈夫なのかなども
確認したいところです。下記まで直接ご連絡下さい。

なお、国家資格である中小企業診断士には、
業務上知り得た秘密の守秘義務が法令で
課されておりますので、ご安心下さい。

独りで悩まず一緒に頑張りましょう。

株式会社コマース総研
TEL 045-350-4605
http://cir.asia/

中小企業診断士
安部一光(あべかずみつ)

 1100pt

0 0 7
専門分野
資金調達 経営計画・改善 事業計画・商品開発 研修・コーチング
保有資格
中小企業診断士 ITコーディネータ / 上級システムアドミニストレータ / 第一種衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説