起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業の不安と今後の行動について

最終回答:2011/02/28 12:08
回答した専門家:2人

QUESTION

はじめまして。
私は東京の専門学校に通う専門学生です。
将来は『スポーツを通じて社会に貢献したい』という目標を持って専門学校に入りました。
入学当初はスポーツトレーナーを目指していましたが、今はスポーツメーカーを立ち上げて、自分のブランドを持ちたいと夢見ています。

4月から2年生になり、就職活動も本格的に始まります。
今年20歳になりますが、私には経済・経営の知識などは皆無です。
資金もありませんし、起業して会社を運営していくなど夢のまた夢と思っています。

こんな私ですが、若いうちに行動を起こしたいと考えています。

今の私に必要なことは何でしょうか?
何から手をつけるべきなのでしょうか?

就職するにしても、この先不安ばかりで…

人生相談のようになってしまいましたが、何かアドバイスをいただけたら嬉しいです。

子供からお年寄りまで、たくさんの人をスポーツで支え、元気にできたらと考えています。

よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2011/02/28 12:08

はじめまして。
Smile Support&中小企業診断士の鎌田浩一と申します。
この度はドリームゲートをご利用頂きまして有難うございます。

さて、以下、お悩みの件について感じたところを申し上げます。
少しでもご参考になれば幸いです(^_^)。

****************************************
ニックネームさん(以下Nさんと呼ばせていただきますね)は、
『スポーツを通じて社会に貢献したい』、『子供からお年寄りまで、たくさんの人をスポーツで支え、元気にできたら』という強い想いをお持ちでいらっしゃいます。
これって既に「すごいこと」なんです。
ビジョンや目的を持っているということは、人生を有意義に過ごしていくために、あるいは起業する上でも「最も大切なこと」と言ってもいいくらいで、この時点でNさんは一つの「強み」を持っていらっしゃると言えます。

もう一つ、
「20歳」という年齢も大いなる強みです。
“人生思い立ったが吉日”で、何事も始めるのに遅すぎるということはありませんが(かの伊能忠敬は、江戸時代においてナント55歳から日本地図作成の大偉業に着手しました)、特にNさんは20歳という若さをお持ちですから、“これから何でも思い通りのことができる”状況にあります。

一方、
お悩みとして、
『経済・経営の知識などは皆無』、『資金もない』、『起業して会社を運営していくなど夢のまた夢』という状態にあるわけですが、これって現時点のNさんの「弱み」と言っていいと思います。しかしながら、“自分の弱みが何だかわからない”というような弱みから比べれば、既に自分の中で明らかになっている弱みな訳で、「これから着々と解決していけばよい課題」と言うことができます。


つまり、Nさんは、不安を感じていらっしゃる中でも既に「強み」と「課題」(解決していくべきテーマ)をお持ちなのです。これって「すごくイイことなんだ」とお考えになるといいと思います(^_^)。
ぜひ自信を持ってください!


****************************************
という状況を踏まえて、以下に3つほどご提案です。


1.「中小企業診断士」の勉強をなさってみませんか?
 ↓
Nさんには『経済・経営の知識などは皆無』という明快な課題があります。
でしたら、知識を得てしまえばよいと思います(^_^)。
経済・経営の知識を得るにはさまざまな方法がありますが、一つとして「中小企業診断士」の勉強をなさることをオススメします。
もしかするとご存知かも知れませんが、「中小企業診断士」というのは国家資格の一つで、経営に関する知識を系統的・網羅的に学ぶことのできるものです。
米国のMBAにも似た内容ですが、MBAに比べて資格取得までの勉強にかかる費用が断然安く済みます(^_^)。
これだけ勉強すればよいというものではありませんが、少なくとも、経営に関する基礎知識が短時間で身に付くことだけは確かです。
早い人で半年~1年間の学習で資格まで取れちゃいますので、一度ご検討なさってみるとよいと思います。


2.成功した起業家の本を読んでみませんか?
 ↓
かの松下幸之助翁も本田宗一郎翁も、始めは小さな事業から始めました。
まず「想い」があって(この点はNさんと同じです)、具体的に始めてみて、徐々に成功していった、という流れです。
現在のNさんの悩みは、「想いはある。それを現実化していくために何をしたらよいのだろう」ということですよね。成功者の本を読むことで、「何を、どんな手順で手に入れていけばよいのか?」が見えてくるものと思います。
結論的に申し上げると、物事は「自分の頭で当たり前に考えて当たり前だと思うことを、着実にやっていくしかない」のです。特別なコツや魔法は存在しません(^_^)。
例えば、和民の渡辺美樹氏は、やりたいことを実現するためには資金が必要だということに気づき、宅配業の過酷なドライバーに身を投じて短期間に資金調達を実現しました。
Nさんがやりたいことを成すためには「何を、どんな手順でやっていけばよい」のでしょう?自分で考えてみて、「いつまでに何をやるか」を決め、着実に行動するしかありませんヨ(^_^)。「夢に日付を」です。


3.スポーツ関連の市場を研究してみませんか?
 ↓
Nさんは、『入学当初はスポーツトレーナーを目指していた』が『今はスポーツメーカーを立ち上げて自分のブランドを持ちたいと夢見ている』ということですよね。
この間、いろいろと考えてやりたいことが変わってきたものと思いますが、「どこで勝負するか」のことを経営用語でドメイン(事業領域)と言います。(こういうことも中小企業診断士の学習で学べます(^_^)。)
ビジネスは「お客様」がいないと成立しません。お客様とは、「望むものを手に入れたいと思っている人達」や「不便を解消してくれるものはないかと困っている人達」などの集合体です。
Nさんは“スポーツの分野で世の中の役に立ちたい”と考えておられますよね。
「現在のスポーツ関連市場の中で提供できていないモノやサービス」、つまり「こんなモノやサービスがあれば多くの人達が悩みを解決でき、幸せになれるハズ」というものは思い浮かんでおられますか?
既にあるモノやサービスを手がけるのであれば、既存市場の中でのお客様の取り合いになり、既に存在する大手企業が有利になってしまい、Nさんの出る幕はない、かも知れません。
そうではなくて、「Nさんしかできない発想で生み出したモノやサービス」であれば、Nさんにしか提供できず大きな成功につながる可能性がでてきます。いわゆる「オンリーワン」です。
こういうことを見つけるには、ザッと世の中を見渡して思いつきで発想するだけではダメで、既存市場をよくよく研究してみる必要があります。
Nさんには時間がタップリあります(^_^)。スポーツ関連の市場を研究してみませんか?


以上、
例えば・・・ということで3点ほど申し上げてみました。
ご参考になれば幸いです。

 10pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 会社設立・許認可 経営計画・改善 人事労務
保有資格
中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー) ITコーディネータ / ITストラテジスト / ビジネス法務2級

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/02/28 11:15

はじめまして、スペース・ソルバの福田です。

>こんな私ですが、若いうちに行動を起こしたいと考えています。
>今の私に必要なことは何でしょうか?
>何から手をつけるべきなのでしょうか?

このサイトにご質問をされていますので、すでに行動を起こしていると思います。
質問が漠然としていますが、学校を卒業をするまでに以下のような様々なアクションをとることができるはずです。

具体的には、
・現在の学業を疎かにしないで、経験・知識等を身に付ける。
・アルバイト等で起業のための資金を蓄える。
・ご自身(家族、親戚等含む)の強み、弱みなどの棚卸をする。→就職活動でも役に立ちます。
・スポーツ関係の人脈を増やしたり、将来のメンバーを探す。
・様々な分野で活躍している方やOG/OB等に相談する。
・スポーツメーカーを立ち上げて、自分のブランドを持ちたいと夢があるならば、まずは就職活
動を通じて、業界特有の情報を収集したりする。
・実際に内定をもらえれば、起業に向けて数年間社会人・実務経験を積む。
・経済・経営の知識などは独学やダブルスクール等で習得する。
・起業関係のセミナー等に参加する。
などなど

具体的で明確な目標やアクションがあると、モチベーションが維持できたり、情報に敏感になっているため必然的に欲しい情報が目/手に飛び込んできます。

貴方は入学当初、スポーツトレーナーを目指していましたが、今はスポーツメーカーを立ち上げて、ご自身のブランドを持ちたいと夢が変わったように、様々なアクションを通じて新しい方向性や問題点がきっと見えてくると思います。

それらを目に見える形で具現化(記述する、数値化する等)していってみて下さい。

次の小さな一歩に繋がれば幸いです。

以上

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA 上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説