起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


ニワトリが先か卵が先か

最終回答:2011/06/18 04:48
回答した専門家:4人

QUESTION

新しくカウンセリングサービスを始めようと思っているのですが、限られた資金の中でサロンを開設しようとした場合、HPなどを利用して集客を先行し、状況を判断してからサロンの規模やコストを考えた方がいいのでしょうか?
その方がリスクも少なく感じるのですが・・・、かといって、サロンという場所の確保も重要で先に必要な気もしますし・・・
開設後の集客予想といってもあくまでも予想
この予想とコストのかけ方はどちらが先なんでしょうか?
やっぱりこういう開設はある程度一気に投資した方がいいんでしょうか?
分かりにくい質問で申し訳ございませんがよろしくお願い致します

ANSWER

回答日:2011/06/18 04:48

はじめまして、行政書士の井藤と申します。
「分かりにくい質問」ということは決してありませんのでご安心してください。
慎重にじっくり投資をすべきか、一気に投資すべきかは、経営者ならば共通の悩みであり、その判断能力が大切な経営能力だと思います。
天性の勘を持っている経営者もいますが、一方、悩みながら独自の判断能力を鍛えて来た経営者もたくさんいます。

質問者の方は既に理解されていると思われますが、一般に、ある程度のリスクを負わなければビジネスは成り立ちませんが、あまりに
リスクが大きいともしかの時は立ち直れなくなってしまいます。このバランスを考え、最後はご自身で決断するしかないと思います。

判断基準とすべきひとつの方法として、例えば、プランを3つ作る方法があります。
A案は目指すべき理想の姿、B案は何とか妥協できる姿、C案は最悪の状況。この3つの案を作り、
どの案でスタートして状況によってどの案にスイッチするかを計画しておくような方法です。

また、安全を重視するのであれば、いきなり大きな投資はしないで、「いくらまでなら良い」と金額と時間を区切って投資を行い、
その結果を評価して、次の投資を行っていくという方法をとれば、一度のリターンも少ないですが、
小さく何回か策(仮説)を試すことができる利点があります。

このような一般論を参考に、具体的にプランを作成し、自らの負うべきリスクの当面の限界(金額と時間)から考えて
決断されたらいかがでしょうか?


 60pt

0 0 0
専門分野
法務・知財・特許 会社設立・許認可 事業計画・商品開発 資金調達 研修・コーチング
保有資格
行政書士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/06/17 10:36

 現在、会社員であるならば、ホームページ上だけでも開業している状態まで進めてはいかがでしょうか。まず、ネットショップ用のサーバーをレンタルして、そこから注文や依頼を受けられる様にすることと、自宅でカウンセリングを受けられるように準備をします。その後、ホームページ上で開業していても、最初はお客様が中々こないと思いますので、会社員を続けながらいろいろな告知をして、集客につなげる努力を継続していくのも一つの手だと思います。(業種は違いますが、自分もその状態を構築していますので、無料でメール相談を受付ています。)

 90pt

0 0 0
専門分野
事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
調理師免許

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/04/06 12:31

はじめまして。セールスマーケティング担当の本元(ほんもと)と申します。カウンセリングの詳細が不明ですので医療関係以外のカウンセリング事業開設ということで回答させていただきます。

「カウンセリング事業」において、必ずしも常設サロンスペースが必要であるかどうかを検討する必要があるかと思います。
最近ではスカイプなどでカウンセリングなどを行うサービスも増えており、匿名性の確保や顧客の訪問の手間といった観点からもそれらサービスに需要があるようです。

カウンセリング単体での開業は顧客や相談者が既にいて店舗開設する場合が圧倒的に多いです。新規参入の場合に、顧客なしでのサロン開設は収益化までの相応な期間の充分な資金準備が必要になります。資金に余裕があれば何ら問題ないかと思います。

サロンスペースも大規模装飾が不要なら当初は
ショッピングモールの催事スペースや貸会議室などのレンタルスペースを利用する手もあります。

PRはサロン開設前も後も店頭、街頭でのチラシ配布やWEBでのPRは必須かと思います。

カウンセリング事業はカウンセリング内容詳細、過去の実績、資格の有無、担当者情報をHPなどで開示すると顧客はより安心出来るかと思います。

ご参考になれば幸いです。

 710pt

0 0 4
専門分野
集客・販路拡大・営業戦略 事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
中国前海股権交易中心(深セン)推薦機構正会員 /上海股権托管交易中心(上海)推薦機構授権会員

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/04/04 21:47

ファイナンシャルプランナーの磯脇です。こんにちは。
新しくカウンセリングサービスを始められることをご検討されていらっしゃるとのこと。私も心理カウンセラーです。

私は、限られた資金の中でサロンを開設しようとした場合、HPなどを利用して集客を先行し、状況を判断してからサロンの規模やコストを考えた方がよろしいかと思います。
なぜならば、開設後の集客予想通りに集客できれば問題がありませんが、なかなか思うように集客できない可能性があるかもしれません。その際、サロンを開設していれば、家賃という固定費は毎月恒常的に発生します。売上がなければ、資金繰りが苦しくなってしまいます。限られたお金が流入<流失という状態になります。

 確かに、サロンという場所の確保も重要です。カウンセリングは落ち着いた場所で行ったほうが、クライアントさんも落ち着いて悩みなどを打ち明けることができます。そこで、提案なのですが、事業が軌道に乗るまでは、貸し会議室などを借りたりしてみたらいかがでしょうか。できるだけ費用をかけずにしたらどうでしょうか。ちなみに、私のカウンセリング仲間は、軌道に乗るまでは、外の音が遮断されているカラオケボックスなどでカウンセリングをやっていたといいます。

売上=>費用+生活費になると確実にできる段階で改めてサロンの場所を考えてみたらいかがでしょうか。

 30pt

0 0 0
専門分野
会計・税務 資金調達 事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) MBA 社会福祉士、CFP®(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、住宅ローンアドバイザー・日本メンタルヘルス協会認定基礎カウンセラー、米国NLP(TM)協会認定NLP(TM)マスタープラクティショナー 

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説