起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


私は個人でECサイトやコンテンツサイトをいくつか運営しており

最終回答:2011/05/08 06:49
回答した専門家:2人

QUESTION

私は個人でECサイトやコンテンツサイトをいくつか運営しております。

都内の女子大を卒業してからアパレル関連の会社に就職したのですが、
あまりの激務についていけずに1年で退職してから転職も出来なかったので、
自分でいろいろとはじめてみて3年目なのですが、
ようやく生活費程度を稼げるようになってきました。

法人化するような規模でもないのですが年に数百万程度の売り上げになります。
実家住まいなのでお金がほとんどかからないので継続出来たのですが。。。


それで、最近結婚を考えていまして、その相手も自分で会社をやっています。

彼の会社はシステム開発をやっていて数人程度の小さい所帯なのですが、
そこと自分のやっている事業を合わせて共同事業にしようと考えているのですが、
この場合、事業の継承などはどういう手続きが必要なのでしょうか。


私が運営しているサイトのドメインやサーバは全て自分の名義で借りています。

また、売上の振込先も自分の口座ですが、
こういったものを全て会社名義に変更するのは良いとして、
彼の会社に事業を渡すとなると、どういった手続きが必要なのかよくわかりません。

結婚は今年の秋に予定していて、
私はそのまま彼の会社の役員として仕事を続けようと相談しています。


今まで一人でやっていたので周りに気軽に相談できる先生もおらず、
あとは友人は全て普通のOLだったりするので、
こういう相談を誰にすれば良いのかもわからないです。


取りとめのない質問になってしまいましたが、ご教授頂けると幸いです。

ANSWER

回答日:2011/05/08 06:49
ベストアンサー

初めまして、こんにちは。
中小企業診断士の安部一光です。
この度はドリームゲートをご利用頂き有難うございます。

また、結婚を予定されているとのことで、
誠におめでとうございます。

ほかのアドバイザーが回答しておりますので、
それ以外の観点でアドバイス致します。

彼の会社の法人登記の事業内容に「ECサイト運営」などがなければ、それらを追加していくことが必要です。

個人事業の廃業日までの売り上げ、費用の差は
質問者さまの個人事業収入となり、その翌日分からは
彼の会社の法人事業収入となります。
そのため、今年分の個人の確定申告は、
途中までの個人事業収入と役員報酬(給与)となりますので
年明けの確定申告ではご注意下さい。

さらに、ご注意頂きたいのは、今までは儲けは自分個人の
収入となりましたが、これからはどんなに儲かっても、
会社の収入となり、質問者さまの収入は役員報酬として
事業年度内はあらかじめ決められた金額で一定となる
ということです。

そのため、次年度の儲け(利益)予想を踏まえて、
役員報酬を決定するよう、彼ともよく相談なさって下さい。

ドメインやサーバの名義を変えるのも結構ですが、
個人名義のままにして、会社に貸して、その費用を
貰うというのも方法です。
これは万一彼との関係が悪化した場合や
彼に万一のことがあった場合などに
自分の個人事業に戻りやすいため、保険にもなります。
女性が手に武器も持たず独りで生きていくのは大変です。
そのとき子供を抱えていればなおさらです。
そのためにもしたたかに備えるのは悪いことではありません。
究極的には、質問者さまの個人事業を
会社に合流させないのも選択肢としてはありえます。
年金や健康保険なども含めてトータルで考える必要が
ありますが。

また何かあれば、弊社で開催しております
「女あきない事始め」相談会や
「独りで悩まず一緒に頑張りましょう!」相談会
に是非ご参加ください。
(下記の小職のプロフィール内「主催セミナー情報」から
お申し込み頂けます。既存日程以外はご要望があれば、
応じさせて頂きます。)

株式会社コマース総研
http://cir.asia/
TEL045-350-4605
経済産業大臣登録
 中小企業診断士
  安部 一光

 1100pt

0 0 7
専門分野
資金調達 経営計画・改善 事業計画・商品開発 研修・コーチング
保有資格
中小企業診断士 ITコーディネータ / 上級システムアドミニストレータ / 第一種衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/05/05 18:15

「私はそのまま彼の会社の役員として仕事を続け・・」より事業の譲り受け先が法人であるとの前提でご回答致します。

彼の会社はシステム開発をやっていて数人程度の小さい所帯なのですが、
そこと自分のやっている事業を合わせて共同事業にしようと考えているのですが、
この場合、事業の継承などはどういう手続きが必要なのでしょうか。
→ご質問の場合、個人事業(あなた)から法人事業(彼)への事業譲渡になりますので、原則として個人事業名義のもの(口座・契約等)を法人事業に移し変える必要があります。

彼の会社に事業を渡すとなると、どういった手続きが必要なのかよくわかりません。
→事業譲渡となれば、税務署に個人事業(あなた)の廃業届を提出する必要があります。そして、個人事業(あなた)で使用していた固定資産等があれば法人事業(彼)でそれを受け入れる会計・税務処理を行う必要があります。

今まで一人でやっていたので周りに気軽に相談できる先生もおらず、
あとは友人は全て普通のOLだったりするので、
こういう相談を誰にすれば良いのかもわからないです。
→事業譲渡ですと、税務上色々複雑な所もありますので、法人事業(彼)の顧問税理士がいればその方に相談することをお勧め致します。

以上、何かございましたらお気軽にご相談下さい。

 1060pt

0 0 4
専門分野
資金調達 経営計画・改善 会計・税務
保有資格
税理士 中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説