起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


二級土木施工管理技士に合格し土木関係の会社を起業したいです

最終回答:2011/10/22 16:29
回答した専門家:2人

QUESTION

自己資金ゼロ。固定資産も無し。まあ、借金もありません。
この状況で起業できるでしょうか?
また、財産も無くて、資金の調達はできるものなのでしょうか?
起業することは子供のころからの夢でした。この様な事を言ったら不謹慎かもしれませんが、この、震災特需の波に乗りたいのです。
他に保有している資格は
・第一種衛生管理者免許
(以下、技能講習)
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・フォークリフト
・車両系建設機械(整地等)
このような内容ですが、ご回答頂けたら幸いです。

ANSWER

回答日:2011/10/22 16:29

はじめまして。
アドバイザーの石黒と申します。

少しでもお役に立てればと思いお答えさせていただきます。

「質問 自己資金ゼロ。固定資産も無し。まあ、借金もありません。
この状況で起業できるでしょうか?」ということですね。

一般的には法人であれ個人事業であれ、事業を始める時には最低限必要になる
コストがあります。いわゆる開業資金というものです。

開業資金の金額は業種によって大きく異なりますので、まずは貴方のビジネスに
かかる開業資金を明確にされてはいかがでしょうか。

実際にビジネスを始めると、結構お金が必要になりますから、後で後悔しないように
慎重に検討されることをお勧めします。

なお、自己資金は基本的に銀行などの金融機関では融資の対象にはなりませんのでご注意ください。

以上、参考にしていただければ幸いです。

 450pt

0 0 4
専門分野
資金調達 会計・税務
保有資格
税理士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/09/07 12:27

アドバイザーの新井と申します。
特需に乗るという発想は賛否両論ありますが着眼点としてはありだと思います。
ですが、特需は特需なので、どこかで必ず終息します。
次の一手も同時に考えておかないと永続的に事業を続けるのは難しいでしょう。

起業のカタチは色々あるので先ずは「個人事業主」として船出をするという案もあります。
現在の被災地では重機免許のある人に対して求人はあります。
その多くは期間限定になります。
ハローワークでは雇用が前提になっておりますが
実際に求人を出している側は業務委託でも構わないという企業もあります。
例えば、このような仕事を個人で請け負いながら人脈形成し、継続的に依頼を
いただくというのはどうでしょう?

これですと、開業資金はゼロでいけると思います。
資金を貯めてから法人化するば良いのですから。

先ずはハローワークを通じて被災地の重機操縦関連の仕事について
情報収集をしていただければと思います。

わからない事がございましたら、いつでもお気軽に問い合わせください。
幸運をお祈りしております。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説