起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


役員借入または役員報酬のカット

最終回答:2011/10/04 11:35
回答した専門家:2人

QUESTION

初めまして。
現在、代表1名のみで会社を始めました。しばらく収入がないため、資金に余裕がありません。
役員報酬を未払いにするか、私個人のお金を会社に入れて、そこから役員報酬も含めた支払いをすべきかどちらが経理上よいのでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。

ANSWER

回答日:2011/10/04 11:35

はじめまして、スペース・ソルバの福田です。

資金に余裕がないということであれば、会社に貸付ける方法を取ってその場を凌ぐことは良くみられる処理です。なお、貸付に伴う利息を無視する前提で考えますと、役員報酬を未払いにしても、会社に貸付けたお金をもとに役員報酬の支払いをしても実質的な経理上のインパクトは変わりません。

公認会計士の高橋様のアドバイスにもありますように、役員報酬をそのまま未払いにしていたとしても、所得税は発生してしまいますので、業績が当面厳しいようでしたら、所得税が発生しない程度まで役員報酬を減額してキャッシュを内部留保した方が得策かもしれません。顧問の税理士等とご相談して、シミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA 上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/10/04 02:06

初めまして、公認会計士の高橋と申します。
よろしくお願い致します。
ご相談の件ですが、役員報酬を未払いにするのと、同額を役員から借り入れて、その借り入れた資金で役員報酬を支払うのとでは、どちらも実質的に同じ経理処理です。
勘定科目が「未払金」か「借入金」かの違いしかありません。
ところで、役員報酬をそのまま未払いにしていたとしても、所得税は発生してしまいます(実際に支払った際に源泉徴収)。
詳しくは下記もご参照ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2526.htm
所得税も発生させないようにするためには、役員報酬をゼロ(又は所得税が発生しない程度までに減額)にすることが必要です。
役員報酬については、「定期同額給与」といいまして、一度決定しますと原則として、その事業年度の定時株主総会までは変更できませんが、一定の場合には期中における改定も可能です。
ご質問頂いた内容のみでは、確定的なことは申し上げられませんが、しばらく収入がないということであれば、「業績悪化改定事由」に該当して、役員報酬をゼロとすることも可能かもしれません。
また、もし設立後3か月以内であれば、そのまま、定時株主総会まで役員報酬をゼロのままとすることも可能です。
詳しくは下記もご参照ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5209.htm
以上、ご参考になれば幸いです。
(上記のご回答は平成23年10月現在の法令に基づいております。)

 1090pt

0 0 6
専門分野
会社設立・許認可 会計・税務 経営計画・改善 人事労務 資金調達
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士 事業承継士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説