起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


建設会社に勤務、工事監理業務を担当。独立したい

最終回答:2011/10/22 14:58
回答した専門家:3人

QUESTION

現在建設会社に勤務、工事監理業務を担当しています。今回独立し元の会社と業務契約を締結するとともに、今までNPOやボランティアで行ってきた社会支援事業やイベント支援事業等業務を広げて行きたいと考えています。個人事業か会社設立か迷っています。アドバイスをお願いします。

ANSWER

回答日:2011/10/22 14:58

はじめまして。
アドバイザーの石黒と申します。

少しでもお役に立てればと思いお答えさせていただきます。

「個人事業か会社設立か迷っています」ということですね。

あくまで私見ですが、まずは個人事業で小さく出発されるのがよいかと思います。
個人で活動していく中で、どうしても法人でなければ取引ができない、もしくは取引を
させてもらえない、ということであれば法人にされるのが良いかと思います。

法人にするかしないかの判断は、その時でも決して遅くはないと思います。
リスクを最小限にして出発するというのが、一般的なセオリーです。

以上、参考にしていただければ幸いです。

 450pt

0 0 4
専門分野
資金調達 会計・税務
保有資格
税理士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/10/05 10:38

はじめまして。スペース・ソルバの福田と申します。

建設工事監理業務のみならず、社会支援事業、イベント支援事業等業務が拡大する見込みがあるのであれば、会社にされた方が望ましいと思われます。

また、今回は貴方のこれまでの実績、評価等で元在籍会社から業務契約に至ったかと思われますが、現状個人事業では契約してくれないケースも多々あります。そのため、将来的に元在籍会社のみならず建設工事監理業務の委託契約をする予定があるようでしたら、会社にされた方が望ましいと思われます。

ご参考になれば幸いです。
何卒宜しくお願いします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA 上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/10/01 10:17

初めまして。新井と申します。

今の会社以外にも仕事を拡大するのであれば
法人にされたほうが良いと思います。
相手が知り合いなどの場合を除き、個人だと警戒する
場合もございますので。

また資金融資なども法人格のほうが有利になると思います。
(経験談なので、絶対かどうかは専門家にご確認ください。)

社会支援事業については、いきなりNPOは大変だと思います。
申請も難しく手間もかかりますので。
こちらは個人で始められて実績を作りながら方向性によって
NPO化するくらいのほうが、よろしいのではないでしょうか。

助成金を受ける等を決めているのであれば別ですが。

イベント支援と工事監理がシナジーを生むのであれば同一法人で行い
ボランティアにも活かすという枠組みがスッキリするような気がします。

ご参考になれば幸いです。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説