起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


アパレルサイトを立ち上げたいのですが。

最終回答:2012/01/13 10:02
回答した専門家:3人

QUESTION

初めまして。
友達と二人でアパレルサイトを立ち上げたいのですが、
会社にしなくても運営は可能なのでしょうか。

とくにクレジット決済など可能なのでしょうか。

最初はなるべく費用をかけずに
独自のルートで需要を作り、どこまでやれるか様子を見てから
会社にしようと思っているので、
そのような場合のスマートな進行を知りたいです。

もし、何かしら申請しなければならないなら
株式にしようと思うのですが
その際の注意点、確認内容などあれば簡単で良いので
お伺いしたいです。

宜しくお願い致します。

ANSWER

回答日:2012/01/13 10:02

はじめまして。
ドリームゲートアドバイザーの奥住と申します。

ネットショップの開業において、個人事業主でも可能かどうかというご質問だと理解しました。
最初に結論を申しますと個人事業主でも可能です。

ネットショップを開業するには、基本的にはショッピングカート機能のあるサイトが必要になり、
ショッピングカート機能のあるサイトを制作する場合、独自にシステムを構築する、
あるいはショッピングカート機能のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)を利用する、
このどちらかになるかと思います。

立ち上げ当初の場合は圧倒的に後者のほうが多いので、そちらを想定して申し上げますと、
ショッピングカート機能のASPは多く存在しますが、またそれに付随する提携決済サービスも多く存在しますが、
なかには法人でないと契約できないというASPや提携決済サービスもございますので、
その点だけご注意ください。

繰り返しになりますが、個人事業主でも可能かどうかは、
利用するASPあるいは提携決済サービスとの契約条件による、というのが回答になります。

ネットショップにつきまして、また何かご質問等ございましたら、オンライン相談等をご利用ください。

奥住

 40pt

0 0 0
専門分野
IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2012/01/10 17:13

起業・開業コンサルタントの銀行対策.comの渕本です。

アパレルサイトですが、法人でなくても運営は可能です。
また、クレジットカード決済も、審査はありますが、利用できる可能性はあります(法人化しても、審査によっては、クレジットカード決済が利用できないケースはあります)。

個人事業として行う場合で考えられるのは、やはり仕入先などとの取引で、デメリット(納入品数や支払い条件など)が生じるケースがあるということです。
また、取扱商品の価格が高額になると、消費者の意識として、個人事業主より法人の方を信頼する傾向があるでしょうね。

ターゲットとなる顧客層や価格帯が決まっているなら、ライバルになりようなアパレルサイトが個人事業なのか、法人なのかで、どうするか決めても良いかもしれません。

がんばってくださいね!

 150pt

0 0 1
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 日商簿記2級 / 証券外務員(内部管理者) / DCプランナー / 金融コンプライアンスオフィサーなど

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2011/12/06 13:12

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。

結論から申し上げますと、アパレルサイトの個人事業主としての運用は可能です。最初はなるべく費用をかけずに独自のルートで需要を作り、どこまでやれるか様子を見てから会社にする方法は、確かにスマートな進行かとは思いますが、バナー広告の会社やアパレルメーカー、あるいは縫製工場等のパートナーは与信(信用)上の観点から貴方と取引をしてくれない可能性も考えられますので注意が必要です。

また、どのように独自のルートで需要を作られるかは分かりませんですが、その過程で御社のサイトや自社商品等にブランド力を構築されたいのであれば、やはり個人よりは法人の方が望ましいかと思います。そのような場合には、当然ながら特許庁に商標登録の設定が必要になります。

ご参考になりましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA 上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説