起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


大工を30年近くやっていたが、リフォーム業で独立したい。

最終回答:2011/12/16 11:20
回答した専門家:1人
カテゴリー 資金調達 > 助成金・補助金 さぐちゃ

QUESTION

4年前まで、大工を30年近く個人で行っていました(青色申告) 新築も何軒か個人で請け負いました。
4年前、主としていた工務店に請われて、3年前2代目の代表になりましたが、先代会長が1100株を持ち、
私が、1100株を継承するのは不可能です。(4000万円)
所詮、雇われ社長で、大株主の会長の意向のままに運営されています。
昨年までは、年々業績が上がっていましたが、今年は、震災以後、大変でした。
何より、経営方針が違いすぎ、悩んでいましたが、本日会長より3月20日付けで解任となりました。
正直、ほっとしているところもあります。4年前受けたのは、会長に対する恩義だけでした。
本当は自分で1から起業したいと思っていました。
でもこの4年は少しも無駄でなく、営業から設計、会社運営まで学ぶことができました。
3月21日からスタートしたいのですが、又個人でやったほうが良いのか?
法人にした方がよいのか?その際、最低資金はどれくらい必要か?
起業にあったて補助金等があるのか?
ホームページも作りたいのですが?

ANSWER

回答日:2011/12/16 11:20

はじめまして。税理士・中小企業診断士の菅原と申します。

2代目社長として会社を運営された4年間で営業・設計・会社運営をご経験されたことは非常に貴重で有意義な時間だったと思われます。

法人にするか個人にするかは
・業種(これまでと同業種か?関連する別事業か?)
・資金計画、設備投資計画
・売上計画、利益計画(売上がどのくらいで利益はどの程度見込めるか?)
・人員計画、人件費計画(人を雇うか雇わないか?雇うとしたら人件費はいくら位か?)
などを総合的に検討して判断した方が良いと思います。

仮に工務店としてスタートされるのであれば、一般的に工務店(一人親方)というものはそれほど初期投資が必要でないとのデータが出ています。

「最低資金はどれくらい必要か?」というよりも、上記の資金計画、設備投資計画から必要資金を算出して、その上で
・自己資金で足りるか?
・足りない場合にはどうするか?(融資が必要か?)
を検討した方が良いと思います。

起業にあたっての助成金については厚生労働省などに情報が掲載されていますので、下記HPをご参考下さい。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/b-top.html

ホームページにつきましては、下記の事項を検討した上で複数の業者から見積もりを取る事をお勧め致します。
・どんな情報を発信したいか?
・予算はどの程度か?
・その後のSEO対策の支援を必要か? など
また、ホームページ作成費用については、お住まいの市区町村で数万円の補助金を設けている所もあります。
ただし、こちらは先着順ですので、こまめに市区町村のHPをチェックしてみてはいかがでしょうか。

何かございましたらお気軽にご相談下さい。

 1060pt

0 0 4
専門分野
資金調達 経営計画・改善 会計・税務
保有資格
税理士 中小企業診断士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説