起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


英文契約書の言い回しについて

最終回答:2012/03/09 14:30
回答した専門家:1人

QUESTION

お忙しいところすみません。

英文の契約書で、”licensor”と書いてしまってよいところを

わざわざ、
Named hereinafter « the license giver » or « the grantor » or « the licensor »
とか
Party of the second part, Named hereinafter collectively « the parties »

のように複数の名称で明示されるように指定して来ています。

基本的に二社間での契約で、許可を与える方は一方であるのでこのような言い回しは
逆に混乱するように思えるのですが、英文契約書では普通によくあることなのでしょうか?

お忙しいところすみませんが、何卒よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2012/03/09 14:30

NY州弁護士の奥山と申します。

英文の契約書では、戦前から(ちょっと大げさか?)使い回されているような表現が今でもテンプレート的な契約書に氾濫しています。どのようなコンテクストで上記のフレーズが使われたのか?が、わからないので、断定的なお話をさせて頂くことは難しいのですが、Licensor、Licenseeで良いように感じます。両方にかかわる場合に備えて、Partiesを規定しておくことはよくあることです。私もよく使います。

Web上にさまざまなテンプレート契約書があふれていますが、ぴったりの契約書は、やはり、Order Madeの契約書です。もともとの契約書が、間尺に全く合わないと、混乱して、書き下ろす方が直すよりよっぽど早く、安く、しっかりとした契約書になることが多いので、何かの節にはご相談ください。

奥山 英二
NY州弁護士・NH州公認会計士(Inactive)
DG Advisor
President, Strategic Legal Solutions, Inc.

 280pt

0 0 2
専門分野
法務・知財・特許 会社設立・許認可 海外ビジネス
保有資格
弁護士(海外法含む) 外国の専門資格(米国公認会計士等) 弁護士(ニューヨーク州)、公認会計士(ニューハンプシャー州 )

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説