起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


フリーランス映像クリエイター。仕事を仲介する際の契約書

最終回答:2012/03/18 18:23
回答した専門家:2人

QUESTION

お世話になります。
フリーランス映像クリエイターです。業務拡大のため、デザイン制作と印刷加工の受注の仕事を紹介してコミッション費を頂戴する業務を進めております。この業務にあたって契約書の雛形を作成したいと思いますが、業務提携契約書でいいでしょうか。このコミッション費は一回限りではなく継続的であります。基本的には売上金(客先請求額)の一定割合を随時請求いたします。契約書じゃなくても覚書、念書等の簡易的なものでも良いのでしょうか。この件について、ご指導、ご鞭撻を頂ければ有難く思います。

ANSWER

回答日:2012/03/18 18:23

はじめまして、スペース・ソルバの福田と申します。
(最近はhttp://www.e-practice.co.jp/でも活動しておりますので、是非アクセスして頂ければと思います。)

どのような業界にでも仕事を紹介してコミッション費の授受をするケースはありますが、実務的には契約書の名称としまして、紹介手数料契約書、仲介手数料契約書、販売手数料契約書等様々とありますので、一番契約内容に近いものにすればよろしいかと思います。それから、貴方の事例ですと不課税文書に該当すると思われますが、念のため最寄りの税務署に契約書が課税文書か不課税文書のどちらに該当するのか確認されることをお勧めします。

なお、契約書という形式ではなくても覚書、念書等の簡易的なものでも法的な効果には特段差はありませんので、双方で合意のもと契約を締結されてみて下さい。

ご参考になりましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

 2480pt

0 0 9
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 経営計画・改善 IT・インターネット 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
MBA 上級IPOプロ/公認内部監査人/税理士(簿,財)/建設業経理士/アナリスト会員補/FP2級/事業再生士補/衛生管理士/メンヘルⅡ種/個人情報保護士/初級シスアド/診断士1次/販売士1級/ビジ著作権上級/ビジ法務・知財2級/食品衛生管理者

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2012/03/10 02:41

NY州弁護士の奥山です。

契約書は、間尺に合わないものを、実際の取引に合わせようとすると破たんして、あとから、問題になります。

「業務拡大のため」ということですので、ご自身が受注する業務として、デザイン制作も、印刷加工もやり、トータル受注をしようというお考えなのだと推察いたしました。

「これは業務提携かな?」と思って、Web上にあふれる業務提携契約書のサンプルを引っ張ってきて、現実のデザイン制作者さんや印刷加工業者さん、そして、ご質問者さんのお客さん、すべてのビジネスの流れを正確に反映しないまま、契約書を見よう見まねで作ることは、危険性を感じます。

形式には、とらわれる必要はないので、覚書でも、念書でも、「契約」として有効な形であれば、大丈夫です。

私どもDream Gate Advisorには、契約書を専門にする、竹永 大さんというアドバイザーがいらっしゃいます。是非、竹永さんにこの質問を投げてみてください。また、PHPビジネス新書には、竹永 大さんの著書、「わかる!使える!契約書の基本「言った言わない」「話が違う」を未然に防ぐ!」という良い本があります。ご一読をお勧めします。

奥山 英二
NY州弁護士
DG Advisor
President, Strategic Legal Solutions, Inc.

 280pt

0 0 2
専門分野
法務・知財・特許 会社設立・許認可 海外ビジネス
保有資格
弁護士(海外法含む) 外国の専門資格(米国公認会計士等) 弁護士(ニューヨーク州)、公認会計士(ニューハンプシャー州 )

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説