起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


新株発行による増資に関して

最終回答:2012/04/25 11:12
回答した専門家:1人

QUESTION

4月に役員に対して新株発行による増資を実行する予定なのですが、
その際の会計処理に関してご質問があります。

現在3人いる役員のうち2名がタイにおり、
現地で支払う費用に関しては全て現地で管理しています。
現地法人や法人口座はタイには設置しておらず、
個人での管理をしています。

増資をする際に、
タイで使用する費用に関しては最初から
タイの口座に入金してもらい、
そのままその口座から引き落としたいと考えているのですが、
この方法は可能なのでしょうか?

日本の法人口座のほうには
何も入金と出金のレコードが残らないため
会計処理を行う際にどう処理を行えばいいか分からず
ご質問させていただきました。

一度タイから日本の法人口座に入金をした上で、
現地の口座に戻す必要があるのでしょうか?

または現地の個人口座の管理自体がNGで、
全ての資金を日本の法人口座に入れておき、
現地で費用が発生したときには
その都度送金する必要があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2012/04/25 11:12

司法書士の藤井と申します。
会計の専門家ではありませんが、入金する口座次第では増資の登記が受理されませんので、その点に照らして回答いたします。

まず、入金する口座は法人名義の口座に限定されます(登記の際に法人名義の口座の預金通帳の写しを提出します)。

また、口座は日本国内の支店のものという限定もございます。

ですので、一度タイから日本の法人口座に入金をする必要がございます(為替レートの問題もありますので、入金額にはご注意ください)。

以上が当職の業務範囲内での回答になります。
法人口座に入金後の処理につきましては、当職の専門外ですので回答できないことをご容赦ください。
宜しくお願いいたします。

 40pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可 経営計画・改善 資金調達 法務・知財・特許
保有資格
司法書士 行政書士 社会保険労務士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説