起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


創業時の資金調達について教えてください。

最終回答:2010/09/24 11:36
回答した専門家:1人
カテゴリー 資金調達 > 新規創業者向け融資 ドリーム男

QUESTION

創業時の資金調達について教えてください。

ANSWER

回答日:2010/09/24 11:36

法人を設立したばかりのときは、通常は一般の銀行による貸し出しを厳しいと思われますが、それでは、創業時の段階でどこが貸し出しをしてくれるかにつき、昔の旧国金(現在:日本政策金融公庫)が挙げられます。


http://www.k.jfc.go.jp/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html


無担保 無保証で最大1000万円まで借り入れが可能です。

また、東京であれば区等の制度融資もよいかと思われます。信用保証協会が関与するものでありまして、区を経由することで若干時間はかかりますが、利子をそれなりに負担してくれますので、実質無利子で借入れを行うことが可能です。

実際、どれくらいまで貸し出しをしてくれるかにつき、一般的目安としては資本金とほぼ同額という傾向があります。

モデル事務所ですが、資本金900万、借入れ額1000万円調達成功事例もございます。



調達のポイントとして、まずは

収支計画をしっかり立てることが重要です。月次ベースでしっかりと収支計画を立てることで、3ヶ月後には売上げは立つけれども現金が少なくなるな・・ということがわかるわけですね。創業時は現金ベースになると思われますから、資金の流れをシュミレーションすることは実務上とても大切です。しっかり管理をしないと思う以上のスピードで資金が減っていきます。

事業モデルと照らし合わせながら、安定感のある収支計画がひとつのポイントです。貸す側も「きちんと返済してくれるかどうか」をいろんな角度から見ていくことになります。

売上げ予測の立て方も、創業者の希望だけではなく、客観的な、現実的な前提条件の下で予測を立てることが大切です。

また、創業者自身のこれまでの経験・パーソナリティも重要な要素です。やはり、これまで培ってきた経験を活かした事業のほうが、より説得性があります。

貸す側も、本来は実績をみながら検討を行うのですが、創業ですから、これまでの事業実績の検討ができません。となると、創業者のこれまでの経験値が重要となるわけです。



資金使途も明確にする必要があります。一般的には、設備資金(いわゆるBS上での固定資産)での借入れを行い、運転資金(人件費とかその他固定費等)は自己資金で賄う、のがベターではありますが、事業モデルによります。

 10pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可 事業計画・商品開発 法務・知財・特許
保有資格
行政書士 商工会議所認定 ビジネス法務エキスパート

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説