起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


創業時の資金調達について教えてください。

最終回答:2010/09/24 11:36
回答した専門家:1人
カテゴリー 資金調達 > 新規創業者向け融資 ドリーム男

QUESTION

創業時の資金調達について教えてください。

ANSWER

回答日:2010/09/24 11:36

法人を設立したばかりのときは、通常は一般の銀行による貸し出しを厳しいと思われますが、それでは、創業時の段階でどこが貸し出しをしてくれるかにつき、昔の旧国金(現在:日本政策金融公庫)が挙げられます。


http://www.k.jfc.go.jp/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html


無担保 無保証で最大1000万円まで借り入れが可能です。

また、東京であれば区等の制度融資もよいかと思われます。信用保証協会が関与するものでありまして、区を経由することで若干時間はかかりますが、利子をそれなりに負担してくれますので、実質無利子で借入れを行うことが可能です。

実際、どれくらいまで貸し出しをしてくれるかにつき、一般的目安としては資本金とほぼ同額という傾向があります。

モデル事務所ですが、資本金900万、借入れ額1000万円調達成功事例もございます。



調達のポイントとして、まずは

収支計画をしっかり立てることが重要です。月次ベースでしっかりと収支計画を立てることで、3ヶ月後には売上げは立つけれども現金が少なくなるな・・ということがわかるわけですね。創業時は現金ベースになると思われますから、資金の流れをシュミレーションすることは実務上とても大切です。しっかり管理をしないと思う以上のスピードで資金が減っていきます。

事業モデルと照らし合わせながら、安定感のある収支計画がひとつのポイントです。貸す側も「きちんと返済してくれるかどうか」をいろんな角度から見ていくことになります。

売上げ予測の立て方も、創業者の希望だけではなく、客観的な、現実的な前提条件の下で予測を立てることが大切です。

また、創業者自身のこれまでの経験・パーソナリティも重要な要素です。やはり、これまで培ってきた経験を活かした事業のほうが、より説得性があります。

貸す側も、本来は実績をみながら検討を行うのですが、創業ですから、これまでの事業実績の検討ができません。となると、創業者のこれまでの経験値が重要となるわけです。



資金使途も明確にする必要があります。一般的には、設備資金(いわゆるBS上での固定資産)での借入れを行い、運転資金(人件費とかその他固定費等)は自己資金で賄う、のがベターではありますが、事業モデルによります。

 10pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可 事業計画・商品開発 法務・知財・特許
保有資格
行政書士 商工会議所認定 ビジネス法務エキスパート

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説