起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


サラリーマンのまま格闘技ジムを立ち上げたい

最終回答:2012/06/10 09:20
回答した専門家:4人

QUESTION

こんにちは
この度、会社で正社員をしながら、夜に格闘技ジムを立ち上げることになりました。法人にするつもりはありませんが、会社員を続けながらやるとなるとどういう手続きをとればよろしいのでしょうか?
開業届けなど市役所での手続きしなければならないことを教えていただければと思います。また、会社には税金等の関係で言わずともばれてしまうものなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2012/06/10 09:20

青山と申します。

いわゆるセカンドビジネスというスタンスでしょうか。
起業精神は立派だと思います。

会社員で夜にはピアノ教師などを行っている人は大勢います。
会社にはばれていないと思います。
たとえ噂程度でばれたとしても、業務に支障がなければ目をつぶってくれるのではないでしょうか?

格闘技でけがをしたり、疲れて居眠りするようでは業務に支障が生じますね。
このような認識をもってやれば会社の方は余り問題ないでしょう。

これにより、収入があれば会社の源泉徴収票を添えて、収入分を税務署に個人申告せねばなりません。
この申告により、会社にばれることは、まずありません。税務署にも守秘義務がありますので。
貸家など不動産を持ったり、習い事を教えているサラリーマンなど類似例はたくさんあります。

体に気にを付けて頑張ってください。

以上お役にたてれば幸いです。
青山

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2012/05/22 13:05

中小企業診断士の河合正尚ともうします。

手続き関係は他の先生が答えられていますので

「会社には税金等の関係で言わずともばれてしまうものなのでしょうか?」

についてお答えします。私は人事担当をしていましたのでその視点からになります。

申告の際に地方税を「普通徴収」にしておけば直接はばれません。

しかし今まで特別徴収にしていたのに急に普通徴収に変わると市役所から電話が

掛かってきて確認があります。そのために怪しいとは思われますね。

なかなか特別徴収から面倒な普通徴収に自分から変える必要はないでしょうから。

会社が副業を許可しているならばちゃんと連絡しておくのがいいと思いますよ。

 460pt

0 0 3
専門分野
経営計画・改善 市場分析・調査 集客・販路拡大・営業戦略 事業計画・商品開発
保有資格
中小企業診断士 日商簿記1級 1級販売士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2012/05/17 08:27

元国税調査官・公認会計士の田中です。

税務署と県税事務所・市役所(東京23区であれば都税事務所のみ)に税金に関する開業届などが必要です。屋号は自由に決めていいです。
通常これだけでOKですが、さらに、従業員を雇う場合、年金事務所・労働基準監督署・ハローワークに社会保険に関する届出が必要です。
なお、会社員続けながらですので、ご自身の社会保険は会社でやってくれますので、考えなくてもよいです。

これら各種届出は種類が多く、業態によりますが、開業時の代表的なものを以下簡単にまとめます。

(税務署)
・個人事業の開廃業等届出書(開業1か月以内)
・青色申告の承認申請書(開業2ヵ月以内。税金上のメリットが大きいです。ただしキチンと帳簿を作らなければならない。)
・青色事業専従者給与に関する届出書(奥さんや家族を従業員にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出書(従業員に給与支払う場合)
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(従業員に給与支払う場合。天引きする税金を税務署に納める期間を半年1回にできる。)

(県税事務所・市役所)
・事業開始等申告書(提出期限は自治体によります。東京都の場合15日以内ですが、遅れても怒られることは現実的にはないでしょう。)

(年金事務所)
原則従業員が5名以上になった場合、個人事業主でも社会保険加入しなければなりません。
・健康保険・厚生年金保険新規適用届書(5日以内)
・健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届書(5日以内)

(労働基準監督署)
原則従業員1名でも、労働保険加入しなければなりません。
・労働保険関係成立届書(10日以内)
・労働保険概算保険料申告書(50日以内)

(ハローワーク)
原則従業員1名でも、労働保険加入しなければなりません。
・雇用保険適用事業所設置届(10日以内)
・雇用保険被保険者資格取得届(10日以内)

開業時にこれら手続きをしておけば、
税金に関しては、確定申告時期に、税務署で所得税確定申告をすればよいです。県税事務所・市役所での手続きは不要です。
なお、所得税確定申告書で、住民税の支払いを「普通徴収」(自分で納付)を選択しておけば、お勤めの会社にその分の住民税通知は
いきません。

さらに、従業員を雇っている場合には、従業員のための毎月の税金・社会保険・労働保険の給料天引き、税務署・市役所・年金事務所・労働基準監督署・ハローワークへの手続きや納付が必要になります。

長くなりましたが、まずは、
当初から従業員を雇うのでなければ、開業時1か月以内に税務署と県税事務所・市役所(東京なら都税事務所)に行って開業届などを出す。
翌年の確定申告時期に税務署で申告する。従業員を雇うことになると社会保険・労働保険の手続が必要。
というように大まかに理解していただいてよいかと思います。

最後になりますが、今後の成功をご期待します。

 70pt

0 0 0
専門分野
会社設立・許認可 事業計画・商品開発 資金調達 会計・税務
保有資格
公認会計士 税理士 税理士桜友会会員/登録政治資金監査人 / 第9回環境社会検定試験(ECO検定)合格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2012/05/15 18:47

税理士望月です。

開業届は、住所地の税務署に、『個人事業開業届』を、開業した日から、1月以内に届け出を作成し提出します。

青色申請の届出は、強制では有りません。青色申請は、その年3月15日(開業が、1月16日以降は、開業日から、2月以内)迄に届け出が必要です。

青色申告は、帳簿作成義務があります。しかし、経費処理が、30万円未満の消耗品購入は、年合計額300万円までは購入年度で経費処理が認められます。

例えば、エアコン1台15万円だと、青色申告者は、20台まで経費処理できますが、白色申告者は、経費処理判定は、10万円未満の物しか経費処理できません。

エアコン1台15万円を購入すると、備品として、『資産計上』し、減価償却で耐用年数で経費計算となります。

減価償却方法も、定額法・定率法とあり、『減価償却の届け出で、定率法を選択しませんと、』すべて、『定額法』での計算となります。

アルバイトや従業員を雇い、給料支払いをする場合は、『給与支払い事務所開設届』を作成し、税務署に提出します。

給与は、源泉徴収処理が必要な場合がありますので、税務署で確認して下さい。

預かった源泉所得税は、原則預かった月の翌月10日までに、納付が必要です。

しかし、常時10人未満の従業員しかいない給与支払い事務所は、『源泉税の納期特例届出書』を作成し、税務署に提出すれば、1月~6月までの源泉税は、7月10日納付。

7月~12月までの源泉税は、年末調整作業をした後、翌年1月20日までに納付します。

個人事業者は、1月~12月までの商売を、確定申告致します。

個人住民税の申告について事業分を、特別徴収で申告処理選択せず、『普通徴収』で申告すれば、勤務先には、判明しません。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説