起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外の会社設立に出資した報酬に対する日本の税金について

最終回答:2012/06/27 17:50
回答した専門家:1人

QUESTION

海外(豪州)において、会社を立ち上げ日本食レストランの経営を考えています。

日本在住の3名と豪州に永住権をもち、現在、永住している日本人シェフ1名の合計4名で会社を立ち上げ、日本食レストランの開店を目指しています。それぞれ、同比率で資本金を出資、豪州にて会社を設立する予定です。

実際の運営は、豪州在住のシェフが実施しますが、日本在住のメンバーは、ダイレクターとして、マーケティングのサポートや、経理関連の監視、管理などのサポートを日本側からおこない、その報酬として、少額ですが、豪州の銀行口座に豪ドルで報酬額が振り込まれる予定です。

その際、発生する豪ドルでの収入について、日本の税務当局に、登録や届出をする必要があるかどうか教えていただきたく、よろしくお願いします。

ANSWER

回答日:2012/06/27 17:50

香港在住の青山と申します。
当面は、永住権をお持ちのシェフに現地の会社運用を任せるということになると考えます。

貴職と彼との間で銀行のサイン権、お金の運用、その他現地Operationを行ってもらう契約が必要で
その書類は銀行、会計報告などに使用されます。

会計のシステムも日本と違い、会計Secretary、公的会計会社による申告や監査が必要と思われます。

その辺の会社設立から運用、月々の会計報告要領は現地のコンサルタントに一時的に依頼するのが効率的と考えます。

会計の監視は毎月のbank statementとシェフに依頼する(と思われる)諸費用報告のつじつまが合えばOKです。
なお、材料発注、残材処理、売り上げ、キャッシュフローなどは、現地、現場でなければわからず、これが見えない日本との間でコンフリクトの原因になりますのでお気を付けください。

年間に諸報酬を得るのでしたら、豪州には非居住であり申告のすべがありませんので、日本で行うことになります。
また永住権の取得には、現地居住期間や就労期間など豪州への貢献実績が必要です。
具体的な方法は、やはり当該コンサルタントにお聞きすることをお勧めいたします。

以上お役にたてれば幸いです。
青山

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説