起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


米国でファンド関連のビジネスを始めたい。米国の特許法について

最終回答:2010/11/02 01:32
回答した専門家:1人

QUESTION

米国でファンド関連の新しいビジネスを始める予定ですが、会社設立、営業開始プロセスの段階で、アイディアを盗まれることに不安を感じています。米国の特許法について詳しい方がいらっしゃれば、教えていただけますでしょうか?
・特許申請のタイムスケジュール
・大まかな費用
・出願に必要な書類等

よろしくお願いいたします

ANSWER

回答日:2010/11/02 01:32

DGアドバイザーの奥山英二と申します。アメリカの特許法律事務所、Ladas & Parry LLPのOf Counselを務めております。

さて、アイデアを盗まれる心配ということですが、特許性があるものでしたら、特許を申請してから、具体的な話し合いをBusiness Partnerと始めることで、問題を回避することが出来るかもしれません。

特許性のあるなしを判断していかなければならないので、アイデアに関してお話を伺うことが重要なステップになります。アメリカの特許制度は、「太陽の下にあるものは、すべて特許性がある可能性がある」と言われるほど幅広いカバーをしている一方で、最近の判決では、「単なる概念的なアイデアは保護の対象にならない」とも結論付けられました(Bilski Case)

特許申請は、特許権の成立まで最低2年、長いものでは4-5年かかります。費用は、すんなりと行けば、4000ドル程度、何度も審査庁(この場合は、米国特許庁)から拒絶を受ければ、1万ドルからそれ以上かかることになります。一度の拒絶に対応する弁護士費用は、弊所では1500ドル程度になります。

出願には、特許の請求範囲を記載したClaim、そのほかの実施条件等を記載したSpecification、そして図面(Drawing)、さらに、貴方様がその業界には詳しいと思われますので、これまでの技術との違い、これまでの技術文献等を調べて、参考文献として開示する必要があります(IDS)。

何かと専門用語が出てきて恐縮なのですが、真剣に特許の申請をお考えのようでしたら、私までご連絡ください。

奥山 英二
DG Advisor
Of Counsel, Ladas & Parry LLP
Presidnet, Strategic Legal Solutions,Inc.

 280pt

0 0 2
専門分野
法務・知財・特許 会社設立・許認可 海外ビジネス
保有資格
弁護士(海外法含む) 外国の専門資格(米国公認会計士等) 弁護士(ニューヨーク州)、公認会計士(ニューハンプシャー州 )

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説