起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


開業費の領収書の宛名について

最終回答:2012/09/03 13:10
回答した専門家:1人
カテゴリー 会計・税務 > 会計・決算処理・法人税務 トライアングル

QUESTION

はじめまして。

これから個人事業でネットショップを始めようと思っています。
webページ作成はプロに任せたいところですが、できるだけ最初の出費を少なくしたいので、最初はホームページ作成ソフトを使って自作し、事業が軌道に乗ってきたら、プロに改修を依頼しようと思います。
このホームページ作成ソフトはオンラインショップで購入しようとしており、開業費として計上したいと考えています。

事業には屋号を付ける予定ですが、開業届の提出はホームページの開設後と考えています。

この場合について質問です。

・個人名義のクレジットカードで購入してもいいでしょうか。

・領収書の宛名は個人名(カードの名義)でも経費として認められるでしょうか。
 個人事業なので、私の個人名が個人事業主名となります。

親友が以前、会計事務所で働いており、知識もあって頼りになるのですが、上記について質問したところ、「屋号を持つ個人事業者を受け持ったことがない」とのことでした。
ぜひお答えいただければと思います。よろしくお願いします。

ANSWER

回答日:2012/09/03 13:10
ベストアンサー

税理士望月と申します。

個人事業の領収書宛名めいですが、『個人名義のクレジット』での支払も、経費処理が認められます。

屋号が入らなくても構いません。

出来る限り、納品書、請求書は保存して下さい。

個人事業者の事業所得計算は、

①総収入金額

②必要経費

③ ①ー② =事業所得 になります。

必要経費とは、支払経費の内、『総収入金額を得るための、必要か、否か、で判断致します。』

領収書宛名で必要経費を決めるのではなく、取引の中身で判断致します。

ご参考にして頂ければ、幸いです。

事業のご成功をお祈りいたします。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説