起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業を考えています。「助成金を利用しましょう」と耳にします。

最終回答:2010/09/24 11:39
回答した専門家:1人
カテゴリー 資金調達 > 助成金・補助金 ドリーム男

QUESTION

起業を考えていますが、よく「助成金を利用しましょう」などと耳にすることがありますが、
助成金とは一体何でしょうか?返済する必要があるのでしょうか?全くわかりません。

ANSWER

回答日:2010/09/24 11:39

助成金とは『融資と異なり、返済不要の国から支給されるお金』です。


「助成金」と言うとあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、「補助金」と同じようなものだとお考えいただければわかりやすいかと思います(管轄省庁によって呼び方が変わります。厚生労働省は助成金)

融資であれば返済するお金なので、事業計画が必要であったり、当然、利息を支払ったりする必要がありますが、助成金は国から貰えるお金なので、利息などの概念もありません。

よく誤解されるのは、何かすばらしいことをしないといけないのでは?ということですが、
助成金・補助金は国の施策に合ったことを行えば、「ご褒美」や「支援」として支給されます。

私は特に厚生労働省系列の助成金をおすすめしています。

経済産業省系列の助成金はビジネスモデルを審査されますが、厚生労働省の助成金は、雇用保険料をその原資とし雇用の促進を目的としているため、従業員を雇い入れることや雇用環境の改善を行うことで支給され、非常に利用しやすいのが特徴です。

当然、タダで貰えるお金なので、簡単ではありませんが、要件に該当し、法にのっとって必要書類をそろえさえすれば誰でももらえる可能性があります(厚生労働省の助成金は要件を満たせば誰でも、経済産業省の助成金はビジネスモデルを見るので、誰でも申請できる代わりに受給率は10%未満です)

しかも、創業時は融資と同じく、それまでの雇用管理状況を審査されないので、チャンスです(起業後何年も経つと、就業規則や労使協定の未提出や雇用保険未加入、滞納など労働基準法違反で要件に該当しないことが非常に目立ちます)

ただし、助成金は月単位で改廃があり、情報が追いついてないのが現状です。一度、助成金を扱うことができる唯一の専門家である社会保険労務士にご相談することをおすすめします。

一度検討してみてはいかがでしょうか?

■助成金無料診断はこちら
http://www.joseikin-support.com/html/sindan_sougyo.html


■おすすめ助成金
・中小企業基盤人材確保助成金
http://www.joseikin-support.com/joseikin/chushokiban.html

・パートタイム助成金
http://www.joseikin-support.com/joseikin/part.html

・トライアル雇用奨励金
http://www.joseikin-support.com/joseikin/trial.html

 10pt

0 0 0
専門分野
資金調達 人事労務
保有資格
社会保険労務士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説