起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


起業を考えています。「助成金を利用しましょう」と耳にします。

最終回答:2010/09/24 11:39
回答した専門家:1人
カテゴリー 資金調達 > 助成金・補助金 ドリーム男

QUESTION

起業を考えていますが、よく「助成金を利用しましょう」などと耳にすることがありますが、
助成金とは一体何でしょうか?返済する必要があるのでしょうか?全くわかりません。

ANSWER

回答日:2010/09/24 11:39

助成金とは『融資と異なり、返済不要の国から支給されるお金』です。


「助成金」と言うとあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、「補助金」と同じようなものだとお考えいただければわかりやすいかと思います(管轄省庁によって呼び方が変わります。厚生労働省は助成金)

融資であれば返済するお金なので、事業計画が必要であったり、当然、利息を支払ったりする必要がありますが、助成金は国から貰えるお金なので、利息などの概念もありません。

よく誤解されるのは、何かすばらしいことをしないといけないのでは?ということですが、
助成金・補助金は国の施策に合ったことを行えば、「ご褒美」や「支援」として支給されます。

私は特に厚生労働省系列の助成金をおすすめしています。

経済産業省系列の助成金はビジネスモデルを審査されますが、厚生労働省の助成金は、雇用保険料をその原資とし雇用の促進を目的としているため、従業員を雇い入れることや雇用環境の改善を行うことで支給され、非常に利用しやすいのが特徴です。

当然、タダで貰えるお金なので、簡単ではありませんが、要件に該当し、法にのっとって必要書類をそろえさえすれば誰でももらえる可能性があります(厚生労働省の助成金は要件を満たせば誰でも、経済産業省の助成金はビジネスモデルを見るので、誰でも申請できる代わりに受給率は10%未満です)

しかも、創業時は融資と同じく、それまでの雇用管理状況を審査されないので、チャンスです(起業後何年も経つと、就業規則や労使協定の未提出や雇用保険未加入、滞納など労働基準法違反で要件に該当しないことが非常に目立ちます)

ただし、助成金は月単位で改廃があり、情報が追いついてないのが現状です。一度、助成金を扱うことができる唯一の専門家である社会保険労務士にご相談することをおすすめします。

一度検討してみてはいかがでしょうか?

■助成金無料診断はこちら
http://www.joseikin-support.com/html/sindan_sougyo.html


■おすすめ助成金
・中小企業基盤人材確保助成金
http://www.joseikin-support.com/joseikin/chushokiban.html

・パートタイム助成金
http://www.joseikin-support.com/joseikin/part.html

・トライアル雇用奨励金
http://www.joseikin-support.com/joseikin/trial.html

 10pt

0 0 0
専門分野
資金調達 人事労務
保有資格
社会保険労務士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説