起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


自宅家賃を経費算入できますか?

最終回答:2012/10/24 15:14
回答した専門家:2人
カテゴリー 会計・税務 > 確定申告・個人税務 駆け出し一年生

QUESTION

夫婦ともに別々の個人事業主をしています。

自宅で、夫婦とも仕事をすることがあるのですが、 家賃の一部を経費として入れることはできますか?
特別に仕事部屋は独立して設けてはありませんが、本や書類がが置いてあったり、リビングでパソコンを利用して仕事をしたりしています。

夫:個人事業主で、自宅以外に事務所を借りていますが、自宅でも仕事をします。
ただし、お客様は自宅には来ません。

妻:自宅で、IT系の仕事をしています。事務所は借りていません。

仮に、経費に入れることができるとすれば、それぞれ家賃の何割ぐらいを入れることができますか?

ANSWER

回答日:2012/10/24 15:14

税理士 望月と申します。

既に、他のアドバイザーがご回答していますので、それ以外をアドバイス致します。

経費に入れる割合ですが、


借りる時の、お部屋の平面図を使います。なければ、ご自分で作成して下さい。

具体的に、どの部屋と (玄関+流し+トイレ)の面積の30%位で、部屋面積の何割お使いですか?

図面と、計算根拠を残します。


電気代は、 居住分40%・妻使用分30%、自分使用分30%位として按分します。

水道料金は、全体の10%位。

ガスは、??ないかも。


ご自分の持ち家でしたら、 経費処理した金額は、収入処理をしますが、


部屋を借りている場合は、経費処理した金額は、収入処理は致しません。


ご参考になれば幸いです。


 



 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2012/10/09 10:50

初めまして。
自分サイズ起業を支援している㈱ラテラルマーケティングの新井と申します。
http://www.facebook.com/lmj.japan

自宅家賃の経費化は可能です。
割合については、仕事でのスペースにどれくらい利用しているかという観点で
税務署の方は判断されると思います。

一般的には、家賃で20%〜30%位を家賃として計上されているケースが多いです。
家賃の一部は経費として算入できますが、一方で個人側には収入として計上しないといけません。

家賃が10万円で20%の2万円を経費算入した場合、同額をご主人やあなたの収入としても加算する
必要が出てきます。

商工会議所などで、無料の相談も行われているようです。
支払っている家賃や光熱費なども対象になりますので、具体的な相談をされてみては
いかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

 1790pt

0 0 7
専門分野
事業計画・商品開発 資金調達 人事労務 研修・コーチング
保有資格
FP(ファイナンシャルプランナー) 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー/JPA認定心理カウンセラー/JPA認定トークコーディネーター2級/販売士/PADIアドヴァンスダイバー/ワークガイダンス講師

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説