起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


小口輸入の具体的な手続き

最終回答:2012/12/03 22:00
回答した専門家:1人

QUESTION

先生こんばんは。
いろいろなページを見て調べたのですが具体的にどうすればいいのかわからなかったので教えてください。
ネットショップを作って輸入雑貨や食器を販売したいと考えています。
商用輸入なので税金を納めなければいけないということなのですが具体的には注文時に商用であると伝え、海外から荷物を発送してもらう際に宛先を~shopのように店名にすればそれで商用としての税金が受け取り時に加算されるのでしょうか。
食器の輸入販売は食品衛生法などがあるらしいのですがどの機関にどんな書類を出せばいいのでしょうか。
初歩的な質問で申し訳ないのですが調べれば調べるほど小規模な輸入とコンテナ単位の輸入と手続きが混乱してしまい理解できません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

ANSWER

回答日:2012/12/03 22:00

香港在住10年のコンサルタント青山と申します。
生産効率化や品質管理など技術系のコンサルタントですが、日本と香港・華南のビジネスマッチングもサポートしています。そのような立場から回答させていただきます。

文面から想像するにネットショップといえども、ある程度のビジネス規模を想定しているものと推測いたします。BtoCでは、海外への最低発注数量(MOQ)問題が発生すると思われ、少ない数量ではお小遣い稼ぎ程度にしかなりません。
海外取引でBtoBの形態を採用する場合は、取引信用の問題を考えますと、個人事業よりはきちんとした法人にすることをおすすめします。信用につきましては、国内取引も同じです。

支払いについてはどのようにお考えですか?
海外メーカーと取り引きをする場合は、クレジットカードと言う方法もありますが、注文がとかく不明確、納期や輸送方法も必ずしも明確でない、と言うような不安要素があります。
これに対し、TT(電信銀行間支払)は、多少の費用はかかりますが、注文から支払いまで明確です。通常のBtoBではTTが確実です。

手順についてご説明します。
まず品目や数量、価格についてメーカー側と合意する必要があります。
さらに取引輸送条件を明確にし、輸送と保険をどちらが払うかこれも合意する必要があります。

合意されれば注文書を出します。
この場合、製品の単価には輸送費や保険は上乗せされるのが慣例です。

製品がメーカーから出荷される場合、インボイスが添付されます。
このインボイス価格に従って、日本到着後関税がかけられます。ただ現在は嗜好品を除きほとんどのものが関税ゼロです。
また同様に輸入消費税がかけられます。これは現在5%で購入側が支払わなければなりません。輸出メーカーがこれを支払う事はありえません。

輸出メーカーは、出荷する国の税法に基づいて当該国で税金を払いますが、それはすべて価格の中に含めねばなりません。購入する側は、相手側の税金に何らの関知する必要は無いのです。

通常海外からの輸送・保険費はFOBとCIFと言う大きな条件に分かれます。さらにメーカーの工場渡し、Door to DoorのDHLなど多様です。
DHLなどを除き、FOBでは海上輸送保険費+国内輸送費、CIFでは国内輸送費が購入側で支払う必要があります。これら条件を決めるのは購入側です。決める前提は貨物の特徴(重量、体積)によります。この辺は複雑ですがご承知でしょうか?

“食品衛生法”と“有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律”が食器や雑貨に適用されると考えられます。いずれも日本の規定ですが、海外のメーカも既に日本との取引があれば、十分認識していると思います。規制20物質の含有の禁止を、製品の規格要求書に明示すればOKと考えます。事前の届け出は不要です。

当方は海外とのネット取引の相談も受けましたが、注文したと誤解された、注文品との相違、条件の相違などトラブルも多いようです。
せっかくの海外取引ですので、リスクを低減するため、しっかりした計画を立てることをおすすめします。
海外に目を向けると言うのは、大きな挑戦であると思います。その心意気を大切にして頑張ってください。

もし必要であれば年末に東京地区で面談に応じます。
ご連絡いただきたく存じます。

以上、少しでもお役に立てば幸いです。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

学生起業家による求人広告付き無料ルーズリーフ。売上ゼロから1カ月で3件の成約と複数の業務提携を実現!/広告媒体業

相談者の宮下さんは21歳の大学生。中小企業に限定した求人広告を掲載したルーズリーフを大学生に無料配布するという事業を起ち上げたものの、「社員が2名で学生のため広告主を集めることが困難」との相談をいただきました。テストでは5人のエントリーを獲得して参加企業の担当者から「効果は十分」との評価を受けながらも、営業がうまくいかず事業を開始できずにいる状況とのことでした。

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説