起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


金属加工業での独立

最終回答:2013/01/13 12:46
回答した専門家:2人

QUESTION

特殊な加工に今現在従事しておりますが、独立を考えるようになりました。

材料の仕入れなどは一切なく、お客様より材料を預かり、指定された形状に加工するというスタイルで
かなりの額の加工料がいただけます。
一番難しい加工ができるのは私一人しかおそらく日本にはいません。
そこで、独立を考えるようになりました。

ただ、独立するにあたり機械などの設備をそろえるのに2千万円はかかってしまいます。
機械は一括で購入しなければなりません。
高額な機械を購入するためにどのような資金調達の方法がありますでしょうか?
また、自己資金は最低どのくらい必要でしょうか?
よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2013/01/13 12:46

創業支援をしております、西田と申します。

これから独立される方の資金調達方法として創業融資制度がございます。
創業融資制度には2つあり、日本政策金融公庫と信用保証協会の制度があります。

■日本政策金融公庫
上限1500万円、自己資金は融資を受けたい金額の3分の1が必要、無担保
■東京信用保証協会
上限2500万円、自己資金の要件はありません(でも多い方が有利です)、無担保
■東京以外の信用保証協会
上限は1,000万円または1500万円、自己資金と同額までなど、地域によって様々です。
質問者様の地域の保証協会創業融資制度をご確認いただければと思います。無担保。

公庫と信用保証協会には同時に申し込むこともでき、
両方から融資を得られれば、自己資金は少なくて済みます。

「希望した融資額がそのまま得られる前提での」必要最低額の自己資金としては、

【会社が東京都の場合】
自己資金400万円+公庫800万円+東京信用保証協会800万円=2000万円
よって、400万円になると考えます。

【会社が東京都以外の場合】
保証協会から自己資金と同額までしか融資を受けられないとすると、
自己資金500万円+公庫1000万円+保証協会500万円=2000万円
最低自己資金は500万円となります。

以上より、
最低自己資金は400万円から500万円となります。

しかし、
申込み金額が1000万円でも実際に融資を受けられたのは800万円という場合も多いです。
上記の場合、少しでも減額されてしまうと2000万円の機械を購入できなくなり、事業を行えません。
最低自己資金で2000万円を申し込むのは正直、リスクが高いと思われます。

また、融資申込金額が多くなればなるほど、上限に近くなればなるほど、
金融機関の判断も厳しくなり、より多くの自己資金を求められること、
そして設備以外の人件費や事務所家賃などの経費も考えると、
自己資金は1000万円程度用意するのが良いと考えます。

その上で、
・難しい加工ができるのは質問者様だけ、という独自性の高い技術を持っていること
・事業経験を持ち、その技術を使った実績があること
・自己資金をコツコツ貯めてきたこと
などを事業計画書でアピールし、公庫と保証協会に申し込めば、
希望の融資額を得られ、事業をすすめることができるのではないかと考えます。

以上です。

不明点がございましたら、またお気軽にご質問ください。よろしくお願いいたします。

 320pt

0 0 2
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 会計・税務
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2013/01/12 20:29

香港のモノづくりコンサルタント青山と申します。
日本と中国・華南でモノづくりの経営や現場を見てまいりました。

文面から察しますと、現在は会社に所属し、会社の設備を使い、会社や会社の客先から提供された材料を高度な技能で加工していることであると思われます。
また、特殊ということから、需要や生産数量は限られているようにも考えられます。

現在の会社から見れば、場所、材料、設備(購入・運用・保守)、電源の費用を負担し、貴殿に技能を発揮し向上する機会などを提供し、報酬も与えているということになります。
客先から、それ相応の額を頂くのは当然とも思えます。

そうした中で独立し安定経営を考えると、現在の所属会社と今後も良好な関係を維持し、材料を支給してもらい、仕事をもらえるようにしなければならないと考えます。一方的な独立という選択肢はないように思われます。この部分は機微な事情を含んでいますので、ご自身で解決する以外にはありません。
更に他の客からも直接あるいは間接的に仕事をもらい、継続的に安定した売り上げの計画も必要です。

以上から、独立に向けて会社と貴殿が腹を割って、双方のメリットを模索すべきと考えます。
もし、会社の設備が当該の特殊金属加工専用でしたら、会社から安く譲り受ける、あるいは貸与という道もあると思います。費用面での解決も見えるというものです。会社も設備稼働率などを考えると、固定費・人件費の軽減となるメリットが生み出せる可能性もあります。

材料は今までと同様に無償支給いただくのも費用的に大きな条件です。
この条件は独立後もキープせねばなりません。

もし、会社との交渉を行わず、自己資金で独立ということですと、先ず起業計画を作成し、自治体や日本政策金融公庫に相談されては如何でしょうか?
計画には発展し雇用を生み出し、返済にも無理がない、というような事項を含むことが必要と思われます。特殊のみならず、多様な機械加工を含めることが必要で、これなくしては必要な2000-2500万円に届くのは極めて厳しいと考えます。

100%自己資金ではなく、現在の会社の投資を受けることも考えてみてはいかがでしょうか?その代り、加工部門の設備、人材を貴殿が一手に引き受けるくらいの覚悟が必要と思われます。

お持ちの能力を発揮し、良いものを社会に提供し、将来の人材育成にも貢献できるようご計画の実現を祈念いたします。
実現にはとても努力が必要ですが、健康に留意され頑張ってください。
以上少しでもお役にたてれば幸いに存じます。

青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説