起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


行くのも地獄戻るのも地獄です

最終回答:2013/02/09 12:16
回答した専門家:4人

QUESTION

私の質問に合うカテゴリーがないので、こちらで質問致します。
私は会社を設立して2週間です。

まだまだ準備段階ですが、この先の目処がある程度把握できてしまいました。
まだ資金はあるのですが、先が把握できた為、行くのも地獄戻るのも地獄という状態です。

1つは起業後すぐにお客様がいる予定でしたが、いなくなった。
一人いた仲間(共同経営ではないので、従業員)がいなくなった。

売上の目処がなくなったので、採用すると資金はなくなりますし、
一人で行える仕事ではありません。

まだまだやってみないとわからないという状態でもあるのですが、
撤退するなら今だという思いもあります。
しかし、今まで応援して下さった方もいますので、迷っております。

どうかアドバイスを下さい。

ANSWER

回答日:2013/02/09 12:16

顧客が無くなったと言われていますが、世の中、同じようなことを必要としている
人は、他にもいるはずです。
また、1人の従業員がいなくなっても、1人くらいなら、自分が倍働くことで
当面はできるのではないでしょうか。
もちろん、手足が2人分必要な仕事や、コアとなる仕事が、自分だけでできない
場合は、良いパートナーを探すのが先決でしょう。

ビジネスモデルが分かりませんが、
ビジネスモデルは、儲ける仕組みですから、収入と支出で収入が支出より大きければ
成り立ちます。

問題が起きない人生なんかありません。問題を乗り越えるところに成長があります。
行動していれば、問題が次々と起きてきます。それを乗り越えるところに成長が
がある。

 370pt

0 0 4
専門分野
経営計画・改善 研修・コーチング
保有資格
5CコンサルタントPBC資格、コーチング資格

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2013/02/08 22:05

こんにちは、アドバイザーの大杉卓弥と申します。

撤退出来るなら撤退した方が良いかと思います。

でも資金が枯渇する前に、
行くも戻るも地獄と分かったのなら、まだマシです。

転進すれば良いのではないでしょうか。

いっそ業種業態を変えてしまうのです。
手元資金と根性さえあれば、どうにかなるビジネスなど沢山有ります。
社員が居なくても出来るビジネスも沢山あります。
相談者様は、まだ全然大丈夫です。

ちなみに、ドライな話かもしれませんが、
今まで応援して下さった方~とかは、どうでも良いと割り切った方が宜しいかと。

とにかく御自身の事を一番大切になさって下さい。

詳細解説をご希望でしたら、
費用は掛かりませんので、ご遠慮なくご質問ください。
宜しくお願い致します。

大杉卓弥

 240pt

0 0 2
専門分野
事業計画・商品開発 経営計画・改善
保有資格
宅地建物取引士 ビル経営管理士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2013/02/01 17:18

税理士 望月と申します。

商売は、目論見がはずれます。


思い通りにいかないのが、現実です。

急いては、事を仕損じる。

機が熟すまで、待機。

やれば、良いとも思えません。

迷いの有るうちは、上手くいきませんので、撤収をお勧め致します。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2013/01/26 21:20

創業支援をしております西田と申します。
回答させていただきます。

会社を設立して「さあこれから」という時に
とんでもない想定外のことが連続しておこってしまった、ということですね。
ちょっと落ち着いて、考えを整理してみましょう。

■起業後すぐにお客様がいる予定だったが、いなくなった。
そのお客様と取引するためだけに会社を設立したのであれば、会社の存在意義に大きな影響がありますが、
質問者様はなぜ会社を作りたいと思ったのでしょうか?
良い商品、サービスを多くのお客様に提供したいという目的で会社を設立したのであれば、
お客様が1人いなくなったとしても目的は失われません。

開業時にいたお客様とずっと取引が続くとは限りませんし、
事業を続けていくには、どうしても新しいお客様を獲得する方法が必要になります。
会社を作るという決断をされたからには、
新規獲得の方法もある程度イメージされているのではないでしょうか。
もともとゼロだったお客様がまたゼロに戻ったと考え、
新規顧客獲得に頑張ってみてはいかがでしょうか。

■従業員がいなくなった。
従業員が辞めてしまったため、受注した商品サービスをお客様に提供できない、
というのでは信用に関わる大問題ですが、
今回はお客様もいなくなり、まっさらな状態であるといえます。
売上はないけれども、従業員に払うお金もいらないのでプラスマイナスゼロです。

そこで提案なのですが、
社長である質問者様は新規顧客獲得に力をいれるとともに、
仕事が取れた時のために、アルバイトのように単発で手伝ってくれる人に声をかけておく、
というのはいかがでしょう。これであれば無駄な人件費はかかりませんし、損失はでません。
応援して下さる方も多くいらっしゃるようですし、協力して頂ける方が見つかるのではないでしょうか。
初心者に難しい仕事ということであれば、誰でもすぐに仕事にとりかかれるよう、
マニュアルや業務説明を準備しておくのも有効だと思います。


会社を続けていくといずれ重要な顧客の喪失、新規顧客の開拓、従業員の問題にぶつかります。
ぶつかるタイミングは会社によって様々で、質問者様の場合、たまたま開業直後になってしまいました。
これを不運と捉えるのか、運が良かったと捉えるのかは質問者様の考え方次第だと思います。

少しでも考えを整理する助けになれば幸いです。
また何か不安に思ったことがございましたら、いつでもご相談ください。

 320pt

0 0 2
専門分野
資金調達 事業計画・商品開発 会社設立・許認可 会計・税務
保有資格
公認会計士 税理士 中小企業診断士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

サラリーマン特権を使った起業準備

成功確率を120%あげる!サラリーマン特権を使った起業準備チェックリスト ~会社員が起業準備する時、陥りがちな落とし穴~を解説。

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

3か月で月商50万円が2倍の100万円に!/学習教室

2010年4月にドリームゲートのサイトを見たという相談者のKさんから電話がありました。Kさんは小学校受験の幼児教室を運営しているのですが、生徒が全然集まらなく、このままでは運営が困難になってしまうとの事で、生徒募集(2歳から6歳の幼児)に関する相談を受けました。相談者の方曰く、「崖っぷちの状態」とのことでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説