起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外からお取り寄せという形で輸入した際の関税や手続きについて

最終回答:2013/04/05 22:57
回答した専門家:1人

QUESTION

私は最近、海外の衣類や雑貨を輸入して販売したいと考えるようになりました。
そして、バイマというサイトでは、個人で海外からお取り寄せという形で商品を販売されている方がたくさんいることを知り、まずはこういったサイトで輸入販売を始めてみたいと思いました。

しかし、輸入について勉強していくうちに、色々と疑問が出てきました。
こういったサイトで、注文が入る度に海外からお取り寄せという形で商品を販売する場合、量が少なくても毎回商用輸入として関税を払い、検査も受けなければいけないのでしょうか?
また、個人輸入とみなされその分の関税しか支払わずにそれを販売した場合、違法になるのでしょうか?

お忙しいところ恐縮ではございますが、ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

ANSWER

回答日:2013/04/05 22:57

香港在住10年の青山と申します。
周りには雑貨を扱うなどの貿易を行っている仲間がいます。もちろんビジネスであり、小遣い稼ぎレベルではありません。

海外ビジネスに目を向けていることは、世界が広がり大変に良いことだと思います。
しっかりとビジネスベースで考えることが将来につながります。

個人・法人に関わらず衣類を日本の客の注文ごとに海外から購入していたのでは、少量であり価格的にも高くなり、あまりビジネスとしては成り立たないと思います。
まず、ビジネスとするにはそれなりのまとまった量が必要です。相手先も少量では作ってくれません。例えば数百枚まとまらないと製造はしてくれないなどです。
貿易にかかる費用の実態は以下の通りです。

1、 国際間輸送費: 空輸、船、DHLなどがあります。輸送の体積、重量によって最適な方法を選択します。
2、 国内輸送費: 意外とかかります。国際輸送費よりも高い場合があります。
3、 関税: 量に関わらず殆ど免除されるのでかかりません。

4、 通関費用: 空輸、船の場合かかりますが、大きな金額ではありません。通常は明確にされませんが、国内の場合は輸送業者が輸送費の中に含むと考えます。

5、 法律上の費用: 日本には衣類にも適用される安全や表示の規定があります。これを製造業者にあらかじめ連絡して規定し、材料証明/試験や日本語の表示を行ってもらう必要があります。費用も発生すると考えられます。個人・会社に関わらず、国内で使用するかぎり輸入者の責任が生じますので、規定は守らねばなりません。

以上ですが、例えばエコバッグや犬猫の防寒着などは、日本では大量の需要があるようです。しっかりと需要を研究し、日本の規定に会ったものでビジネスすることを期待いたします。

4月18日には、海外基礎・実践セミナーを行います。お役にたつと思いますのでドリームゲートのサイトからお申し込みをご検討ください。
また、随時Skypeによるビデオ面談も受け付けています。

海外ビジネスへの着眼は非常に頼もしく思います。是非研究し、ビジネスにつながることを期待します。
以上お役にたてれば幸いです。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説