起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


夫は普通のサラリーマン。将来が不安なので自分でビジネスを。

最終回答:2010/11/08 16:34
回答した専門家:1人

QUESTION

夫は普通のサラリーマンをやっているのですが、将来が不安なので、自分でもビジネスをはじめてみようと考えています。友人の奥さんがスパイスをネットで売るサイトをやっていて(旦那さんがIT関係企業の方で全部作ってもらったと聞きました)、私も趣味でハーブなどを育てていたりハーブ関連のブログもやっていて、これを元に個人事業を始めてみたいと思います。夫はサラリーマンなのですが、私も収入を得た場合、確定申告? が必要になると思うのですが、確定申告をしなければいけない売上はどのくらいがメドになるのでしょうか。

ANSWER

回答日:2010/11/08 16:34

こんにちは。税理士の佐藤博之と申します。
ご質問のご回答ですが、確定申告書の提出が必要な方の基準は売上がいくら以上だと申告が必要という要件ではなく、所得金額(大雑把に言うと「利益」とお考えください)により申告の要否が決まります。
専業主婦の場合は所得税の計算を行い、税金が発生する方は確定申告が必要になります。1箇所の会社から給料をもらうサラリーマンの場合は給料以外の所得が20万円を超える方は確定申告が必要となります。
具体的には、個人事業の場合は収入金額から必要経費を引いた金額(事業所得)から所得控除(生命保険料控除、社会保険料控除、基礎控除など)を差引いた金額(課税所得金額)が有る場合が確定申告が必要となります。所得控除として基礎控除38万円はどなたでも控除対象となりますので、最低限、事業所得38万円までは確定申告の必要はありません。
ただし、確定申告書の提出が必要ない方でも、青色申告の申請をされた方で事業所得が赤字だった場合(初年度は費用が先行して出てしまい利益が出なかった場合など)は、確定申告をすることにより、その赤字は翌年以降3年以内の所得金額(黒字の金額)と相殺することが可能となりますので、確定申告をしたほうが有利な場合などもございますのでご注意ください。

 30pt

0 0 0
専門分野
会計・税務 会社設立・許認可 資金調達
保有資格
税理士 行政書士 FP(ファイナンシャルプランナー)

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

開業一年未満で黒字化!/ 介護福祉事業

私の著書を読んだというMさんから連絡があったのは2009年の事でした。Mさんは電機メーカー、IT会社の経営企画職を経て、起業を目指されている方で、MBAも取得されていたので、会社経営に関する知識はあるものの、介護事業はまったく初めての分野ということで、異業種から参入ということで相談を受けました。 開業にあたっての手続きや許認可から事業モデルの構築まで、トータルでサポートしてほしいということで、起業準備から開業後に軌道に乗るまでの間、アドバイスさせて頂きました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説