起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


個人事業の消費税と源泉について

最終回答:2013/07/26 17:50
回答した専門家:1人

QUESTION

教えて下さいませ。
2011年2月に開業した個人事業ですが、2013年度分(つまり今年分)の申告の
税込み売上が1000万をこしても消費税の納税は免除される。で認識あっていますでしょうか。

請求を来年度にまわすか、今年度に掛かっても請求するか、で迷っているのと、
個人事業での収入と給与所得をあわすと1000万を超してしまいそうですので事前に対応できるのであれば、と思っています。

また、請求を分割する場合、総額に対して源泉徴収額が計算されるのでしょうか?それとも分割された請求額によって源泉徴収額が計算されますか?
請求の件名は同じ、品名は全て異なります。

ご教示下さい。
宜しくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2013/07/26 17:50

税理士 望月と申します。

消費税の納税義務者になるか、ならないかの判定ですが、

①事業所得と給与収入の合計額で、1000万円を超えるかではありません。

 給与収入額は、消費税の1000万円越える判定には、含みません。事業収入だけで、1000万円を超える場合は、納税義務者になります。

②2015年(平成25年)が、納税義務者になるか、ならぬかは下記の通りです。

 2011年の事業所得の売上高が、1000万円を超えますと  ⇒  2013年から消費税の納税義務者になります。

 又は

 2012年の1月~6月(特定期間と言います。)の事業所得の売上高が1000万円を超えて、特定期間の給与支払額が1000万円を超えますと、2013年から消費税の納税義務者となります。


特定期間の売上高が1000万円を超えても、特定期間の給与支払額が1000万円以下だと、2013年は消費税の納税義務者にはなりません。

※ 特定期間とは、その年の前年1月1日~6月30日までの期間を言います。



源泉徴収についてですが個人事業が、源泉徴収の対象業種の場合は、源泉徴収されます。


1回の支払いごとに、100万円以下だと、10.21%、100万円を超過する額は、20.42%の源泉徴収となります。


源泉徴収対象業種でも、支払者が個人事業で給与支払い事務所に該当しませんと、源泉徴収は不要となります。

 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説