起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外発送での税金について

最終回答:2013/10/14 12:02
回答した専門家:2人

QUESTION

海外から商品注文がありました。
その際に消費税は必要ないので税抜き価格で販売をしてくれと依頼してきました。

定価に消費税を入れて販売していますが、
税抜き価格で販売する必要はありますか。

また、税抜き価格で販売した場合、
こちらの消費税の処理はどのようにするべきでしょうか。

金額的には30万円ほどの予定です。

よろしくお願い致します。

ANSWER

回答日:2013/10/14 12:02

税理士 望月と申します。

価格表示に消費税を含まれて価格設定されていれば、『定価販売』が宜しいかと思います。

お店のHP等で税込価格と表示されていれば、海外のお客様は『税抜価格で販売依頼もあり得ますね。』

消費税の納税額は、

①基準期間(2年前の会計期間を言います。)の年商が5千万円以下で、納税開始会計期間の前日までに税務署に『消費税簡易課税制度選択届出書』を提出された方は、売上高の一定税率で納付が出来ます。


   (小売業) 他の者から購入した商品を その性質及び形状を変更しないで販売する事業(卸売業を除く) ⇒  売上高 × 1%=納税額

   (卸売業)     同                   上                                 ⇒ 売上高 × 0.5%=納税額

   (製造・販売業)                                                        ⇒ 売上高 ×  1.5%=納税額

   (加工業)                                                            ⇒ 売上高 × 2% =納税額

   (サービス業等)                                                        ⇒ 売上高 × 2.5%=納税額

②特定期間での判定

  個人事業者や、新規設立法人(会社)で、2年前の基準期間が存在しなくても、『前年の上期半年で売上高が1千万円を超える+前年の上期半年での給与等の金額が1千万円を超える』場合は、2年目から消費税の納税義務者となります。

  この場合も、税務署に『消費税簡易課税制度選択届出書』を提出された方の納税額は、①の業種区分での一定税率の納税となります。

消費税を幾らで納税しているかは、お客様にはお知らせしていません。

ですから、定価販売をお勧め致しました。



(税抜価格で販売した場合の消費税の処理について)

 消費税法には、輸出免税の規定が有ります。海外向け発送には、DHL等の発送伝票・納品書保存で、 実際の消費税計算においては、納税者が不利になることは有りません。


簡易課税制度選択者でしたら、 売上高には、海外販売売上高は含みません。

原則課税での納税でも、売上高には海外販売売上高は含みません。


最後に、 一番心配なのは 『代金の不払いです。』


代金先払いで、銀行振込をお勧め致します。



 


 990pt

0 0 6
専門分野
会計・税務
保有資格
税理士 宅地建物取引士

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2013/10/05 09:12

香港のモノ作りコンサルタント青山です。以下回答申し上げます。

輸出品の消費税免除は消費税法に規定されており、対象のものや事業規模など条件が記されております。
免除といっても形態は一般的に還付になります。
1、 事業規模:法人か、個人事業かによって異なりますが、いずれも前々年の課税対象売り上げ高が1000万円以上の企業が対象です。それ以下では、還付の対象にはならないので、消費税は免税されないことになります。
2、 御社が上記規模を超える場合でも、手続きは手間、時間がかかり煩雑です。当該品の
輸出取引であることについてのモノや金額の証明、申請書類や税務署への手続きが必要です。

詳細は消費税法を調査いただきたくか、JETROのサイト、税関への問い合わせ、本などでも調査をお奨めします。

上記煩雑さのために、還付を受けない事業者が多いのが実態と思われます。
1000万円以上の場合は手間、時間と還付金額のバランスで考慮されるとよいでしょう。

以上、お役に立てば幸いに存じます。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

繁盛店に学ぶ!飲食店経営の極意

飲食業での起業支援ならお任せください!返答の早さと丁寧さNo.1アドバイザーを目指しております。
私自身3年半で海外を含め8店舗ほど出店をした経験を踏まえ、これから独立を考えている方達に分りやすく実践的なコツから壮大なノウハウまで全てお伝えします。こっそり裏ワザまで教えますよ!

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

同人誌のオンデマンド印刷ビジネスで800万円の融資を獲得!/印刷ビジネス

同人誌等をターゲットとしたオンデマンド印刷ビジネスを始めるにあたり、必要となる印刷機の設備資金と運転資金の調達を考えているとの事でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説