起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


海外での法人設立

最終回答:2013/10/19 17:10
回答した専門家:1人

QUESTION

現在、アフィリエイト関連の法人を経営しています。

ドル建ての売上があり、まとまった額になってきたので
香港かシンガポールなど税率が安い国へ移したいと考えています。

運営実態は日本にあるのですが、海外法人で売上を立て運営代行料などの
名目で日本法人に委託料を支払う形で考えています。

<これまで>
日本法人 売上$100(海外業者から直接入金)

<今後>
日本法人 売上$10(海外法人からの運営委託料)
海外法人 売上$100(海外業者から直接入金)


このような形態をとることは可能でしょうか?
また、可能であれば注意すべき点など教えていただけますでしょうか?
(例:委託料は○%以上が望ましい、など)

よろしくお願いいたします。

ANSWER

回答日:2013/10/19 17:10

香港で起業のモノ作りコンサルタント青山です。
香港などで法人を設立し、日本からOperationしその費用を支払ってもらうと理解します。

法人の形態はともかく、不可能ではありません。
ただ、香港と日本はそれぞれ独立した会社ですので、契約が必要です。内容が香港税務局からみて妥当性があればOKです。また、日本側から見て脱法行為でも具合が悪いので、脱税や為替管理法に気をつけねばなりません。
現地法人設立は不可能ではありませんが、会社の形態が法人(有限責任)や個人会社(無限責任)か、会計制度、現地銀行口座、香港にとってのメリット(雇用、投資呼び込み、事務所登記など)、ビザなど多くのことを連携させての考察が必要です。ビジネス規模にも大きく依存します。様々解決の方法がありますが、条件によってことなり、とてもここでは書けるようなボリュームではありません。

この辺は当方も日本企業をサポートするなど経験がありますので、是非面談でいろいろな条件をお聞きしながらアドバイスさせていただきたく存じます。11月でしたら日本に居ります。
以上ご検討いただきたく存じます。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

自分ブランド確立で1人勝ち!ゼロから1億円プレイヤーになる秘訣、教えます

あなたも"コンサル起業術"で年商3千万~1億円の仕組みを作り、 年収1千万~3千万円と時間に余裕のある起業ライフを送りたいですか?

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

初めてでも安心!融資の心得

「素晴らしいサービスや商品のアイデアを世に出したい!よし!起業だ!でもお金がない…。」事業を始めるためには、お金は必要です。自己資金で賄えない場合、足りない資金を補わなければなりません。起業家にとって「創業時の資金調達」は、最初にはだかる高いハードルではないでしょうか?  今回は、創業時に考えられる資金調達にはどのような手段があるかを、ご紹介します。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

融資額500万円で初年度売上5000万円!

相談者のKさんは、アンカー工事の専門家。その専門性を生かして起業するにあたり、事業計画の作り方・資金調達など経営全般に関する相談を受けました。
お話しを聞いてみると、本人の事業経験とやる気は十分。これなら起業後にすぐ売上があがるだろう、と想像できましたが、経営・財務・資金調達の知識を全く持っていなかった事が問題点でした。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説