起業Q&A 起業に関するみんなの質問投稿サービス

起業に関するみんなの質問投稿サービス 起業Q&A

起業Q&Aとは 弁護士・会計士・税理士・コンサルタント・ベンチャー支援者・起業経験者などの、起業・経営に必要な知識や経験を持つ専門家「ドリームゲートアドバイザー」が、みなさまから投稿された質問に回答するサービスです。


日本から人材を雇う時のビザについて

最終回答:2014/05/28 16:30
回答した専門家:2人

QUESTION

私は現在海外(アメリカ)在住です。 飲食店とデザイン会社を開業したいのですが、どちらも日本からメインとなる人材を募集し雇いたいのですが可能でしょうか? ネット上で何度も調べてはみたのですが、答えが見つかりませんでした。ビザについて料金やおりるまでの期間などについてお詳しい方が居られれば宜しくお願い致します。

ANSWER

回答日:2014/01/21 23:05
ベストアンサー

元香港在住のモノ作りコンサルタント青山です。
海外でビザを取得する際に、調べたことがありますので回答申し上げます。

ご質問からご自身はビザの問題がない立場であり、アメリカ国籍をお持ちと推定いたします。

まず、最近の傾向として、どこの国でも就労ビザの取得は厳しくなりつつあります。一つは自国民に失業をもたらしてはいけないことからの制限、そしてテロなど不穏分子が入国しないようガードをかけ、国民を守るという考えです。

ビザは各国の大使館・領事館で管理しており、日本の場合はアメリカ大使館が任務です。
アメリカ大使館のホームページで就労ビザの欄を見ますと、ビザ取得前にアメリカの雇用先の請願書が必要のようです。日本人でなければならない理由と必要能力など資格審査の為です。アメリカの雇用主が事前に明確である必要がありますので、会社を設立しておくことをお奨めします。事業内容や実績・規模の要否は不明です。日本の場合も、外国人の雇用はスパイ、テロの温床、密輸組織を警戒されますので、アメリカでも身元引受先や保証人は明確である必要があると思います。
所定のフォームでの雇用主による請願書提出>受理(可否の連絡)>公館面接といった手順のようです。

業務によって就労ビザの種類もいくつかあります。
ネットでQ&Aなどこまめに調べればある程度はわかります。しかし、限度がありますので日本のアメリカ大使館、あるいはアメリカの最寄りの公館で外国人雇用に関する手続きなどを直接聞くのが確実です。訪問し必要な情報入手をお奨めします。
取得期限なども上記のごとく複雑な手続きがあるので不明ですが、目安など公館に聞けば何らかの情報は入手できるかもしれません。
上記のように複雑で自身での手続きは現実的ではありません。香港などにはビザ取得に関する専門のコンサルタントや代理店があり、ほとんどのケースでは条件を明確にした上で彼らに依頼します。アメリカにもあると考えられますので情報を得てください。彼らへの費用は各国で異なると思いますが、3千-5千USDと推定されます。

ともかく、必要事項をこまめに調べ、また自身でビジネス上被雇用者に必要な条件を明確にすることをお奨めします。そのうえで専門家に依頼してはいかがでしょうか。
以上お役にたてば幸いに存じます。
青山利幸

 2520pt

0 2 10
専門分野
海外ビジネス 研修・コーチング 事業計画・商品開発 集客・販路拡大・営業戦略
保有資格
技術士(総合技術監理、経営工学部門)、APECエンジニア(インダストリアル部門)、中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー、いわて産業振興センター登録専門家、

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

ANSWER

回答日:2014/05/28 16:30

すでに青山様よりご回答があり、かつ時間も経過しておりますため不要かとも存じますが、わたくし自身のアメリカにおける14年半の生活(その全てにビザが必要でした。。。)を基に以下お話いたします。お役に立てば幸甚に存じます。

1)青山様がご指摘のとおり、ご本人様はアメリカ国籍、もしくは永住権(グリーンカード)をお持ちであると想定いたします。もしそうでない場合はご本人様ご自身がビザを取得のご経験がなければアメリカでの起業、雇用は出来ませんし、また、ご自身のご経験からビザ取得についてもある程度知識がおありのはず。しかし、今回のようなご質問をなさるということはご自身はアメリカ国籍もしくは永住権保持者であると想定せざるをえません。

2)こちらも青山様ご指摘済ですが、近年、米国の就労ビザの取得は日に日に困難になっております。日本からアメリカに人員を呼び寄せて就労させる場合、代表的なビザとして下記のものが挙げられます。

① H-1B = 特殊技能者(ビジネス技能を含む)に与えられる。毎年、大学卒、大学院以上卒に分けて発行定員数が不定期に発表され、その定員数に達した時点でその年にはこのビザは発行されなくなる。大学院以上を卒業していると比較的定員数にもひっかからず、大学卒よりは取得しやすい場合多し。ただし必ずしもそうとも言い切れない。
② E = 投資家ビザ。投資家といっても、ビザ該当者が投資家であるのではなく、ビザをスポンサーする会社(つまりご本人様の会社)がアメリカ合衆国である程度の金額の投資(納税)を継続的にしている必要がある。H-!Bのような発行数制限はないが、一社につき何人まで、という制限がつく場合がある(会社の履歴や事業成績による)
③ L = 管理職ビザ。ご本人様の会社が日本に本社を持ち、その本社にて最低1年の管理職経験のある者をアメリカ支社の管理職として呼びよせる場合に発行される。基本的に発行数制限などは無い場合が多い。

ご相談者様の会社は、アメリカが本社だと推測されますので、③は該当しないと考えられます。よって、①か②という選択肢が有力かと考えます。ただ、②の場合はアメリカにおける投資(納税)についての診査基準が難しいところであり、果たして申請が通るかどうか微妙です。

①の場合は雇用するかたがある程度の学歴、専門知識、そして勤務年数などがあり、それによってご相談者様の会社に勤務する特殊能力(アメリカ人では勤まらない内容の仕事でどうしても日本人を雇わないとダメ)があることを証明でき、かつ、その年の定員に達してなければ取得可能かとも思います。

その他、一年半以下の滞在が認められる研修ビザであるJ, 超短期(数ヶ月)商用ビザであるBというのもありますが、いずれも有効期間が終われば必ず帰国しなければならない(延長が認められる場合もないことはない)ので、長期雇用を目指される場合は選択肢として非現実的です。

以上、わたくしの知る限りのアメリカ就労ビザ事情を簡単にお話いたしました。最も適切な手段は、アメリカ移民専門の弁護士さん(NYやLAにたくさんいらっしゃいます)に相談なさることですので、インターネットで、アメリカ移民弁護士などの検索ワードで検索なさっていただき、ご相談戴くことをおすすめいたします。

以上お役に立てば幸いでございます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

 30pt

0 0 0
専門分野
海外ビジネス
保有資格
MBA TOEIC955点、高等学校数学教員免許

このQAはどのシーンで役立つと思いますか?投票してください

>投票について

  • 1

チェックしておきたい起業コラム、経営課題解決の方法

累計売上50億円!楽天MVP7回受賞者がネットショップ成功法を伝授

さくら水産のテーマソングを作曲したハードコアバンドのギタリストという一面も持ち、楽天内MVP7回受賞、Yahoo!ショッピング新人賞、ヤフーコマースパートナーエキスパートに認定。拙著「食品ネットショップ「10倍」売るための教科書」を出版をした結果を出しているEC戦略家。ふわっとした状態でのご相談でもOKです!

知的財産で営業力アップ

経営者の中には「知的財産権なんてウチには縁のない話し…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ベンチャー企業や中小企業こそ、知的財産や特許を活用して経営力、営業力を高めるべきです。論より証拠。知的財産権を戦略的に活用している事例を交えながら、知的財産の営業力アップについて解説します。

中小企業にチャンス! 農業法人のはじめかた

もともとはIT社長でしたが、心機一転、2007年に農業ベンチャーを設立しました。5年間で全国80カ所の農場を運営しておりました。現在は、新たに社会人向けの農業学校を設立し、延べ100人を超える農業起業や栽培技術指導もしています。
ドリームゲートをご覧の皆さん、特に経営者の方々に向けて、「中小企業のための農業生産法人のはじめかた」と題してコラムを書かせて頂きます。

チェックしておきたい起業事例・経営課題の解決ケース

ネット集客ノウハウゼロの土木・建設企業。HP制作後8カ月でお問合せ70件、数千万円の受注を実現! / 土木・建設業

相談者の重松社長は、土木・建設業を営んでいる会社の社長様で、JASDAQ上場企業「ACKグループ」の子会社であるアサノ建工と大成基礎設計が合併し、新会社「株式会社アサノ大成基礎エンジニアリング」という会社になり、そこの代表を務めている方です。 今回は、その新会社のホームページを制作し、民間からの新規顧客を開拓したいというご依頼を頂きました。じっくり話しを聞くと、今までネットを活用した見込み客の開拓は行ったことがないため、ネット集客に関する知識やノウハウが社内にないようでした。

月10個から一気に1,000個へ! ロールケーキをネットショップのヒット商品に!

相談者の富田さんは、30歳までに起業することを目標として、洋菓子店にお勤めのスタッフです。運営を任されているネットショップで何か1つ世の中に受け入れられるもの、すなわち「ヒット商品」を生み出したいとのことでご相談をいただきました。いま成功体験をしておくことで、自信を持って夢に向かって踏み出したいという強い意欲が伝わってきました。

この分野に役立つ書式テンプレート

事業計画書作成シート Word形式 PDF形式 解説
アイディアシート Excel形式 Word形式 PowerPoint形式 PDF形式 解説